[ SF/ファンタジー ]
製造迷夢
若竹七海 初出版: 1995年08月 平均:6.50点 採点者数:6人

TOPAmazonを見る書評を見る採点する

採点傾向
No.6 6点 なの 2004/09/11 22:42
ミステリに異能力者が出るのは反則・・・と、以前の私なら思っていたでしょうが、西澤作品を読んだ今では全然オッケーです(笑)
ブラックなネタが多いんですが、主人公たちのキャラのお陰か、それほど後味は悪くありません。
(ラストはハッピーエンドだし)
でも、一話足りないですよね。
一条刑事と美潮さんの恋愛が唐突気味なのが残念。

No.5 9点 みっくん 2004/06/17 03:58
 まずメインのキャラクターが魅力的だと思います。
作品の構成が短編の集まりで読みやすいです、ただ事件の中身がちょっと重かったような気がします。

No.4 5点 SD 2004/06/05 05:39
この作者の作品は初めて読みました。 サイコメトラーに対する掘り下げが浅い事やサイコメトラーを出す理由が明白でないため 内容が薄く感じる。 他の作者の作品で出てくる名探偵の方がこの作品のサイコメトラーよりよほど多くの情報を読み取るからかもしれない・・・それはそれでしらけるのだが。 あとがきでこの作者は長編の方がいいと書いてあったので次は長編を読みます。

No.3 7点 はこ 2001/04/20 20:25
サイコメトラーっていうのがちょっと嘘臭いけど、
お話はそこそこ好き。

No.2 7点 蛙ライダー 2001/04/19 22:45
救いがないような、酸素が足りないような読後感だったけれど後味は悪くなかった。
サイコメトラーな人が出てくる話は好きです。
すーさんとは好みが反対なようですね。

No.1 5点 すー 2001/04/18 21:35
インパクト薄。