ロビンさんの登録情報
平均点:6.56点 採点数:130件

TOPプロフィール高評価と近い人書評を見る

採点傾向好きな作家

1 2 3 ... 5
No.130 8点 災厄の紳士- D・M・ディヴァイン 2010/03/29 01:46
なんとも地味で、かつド直球の本格作品。展開や描写による演出には問題ありだとは思うが、普通に読んでいれば、この犯人の招待には驚くはず。

個人的には、「なぜ、犯人は車のハンドルだけ指紋を拭き取ったのか?」に対する回答のロジックが秀逸。これだけシンプルかつ明快で、核心を突くロジックでありながら、現代でも通用するものなのに既読感はゼロ。素晴らしいです。

余談ですが、このサイトも昔はいろんな人の書き込みが見れて楽しかったんですけど、最近は毎回同じ人による大量書き込みばかりで、なんだかぁ、と思ってしまいますねぇ。

No.129 7点 真っ暗な夜明け- 氷川透 2010/03/08 14:10
久々の投稿です。
まさか、あの大嫌いな(個人的にですが)某メフィスト賞からこんな硬質な作品が生まれていたとは。驚きです。

まさに、クイーンやアリスを踏襲した「本格」推理小説。ここまでロジカルに徹した作品は、国内では稀有な存在でしょう。
本文中で作者も主人公に喋らせているように、叙述トリックを嫌い、純粋にただの「本格」を貫こうという姿勢が素晴らしいと思います。

ただ、あまりにもエンタテインメント性にかけることと、登場人物にリアリティがない(良く言えば古風な小説的)のと、肝心のロジックが地味すぎること、でしょうか。

No.128 6点 はなれわざ- クリスチアナ・ブランド 2010/01/28 02:13
真っ先にこの作品を読んで思い出したのが(ネタばれ?⇒)『古畑任三郎』の最終話「ラスト・ダンス」です(松嶋菜々子が犯人の回)。
間違いなくこの作品を元ネタにしてるでしょ、三谷さん。

正直中だるみはひどいですが、演出的にはそれもフリになっています。
しかし、たった一つの殺人でここまで引っ張るか、というあおりが、上記のようなこともあり、サプライズの破壊力は減少。

きっと、かの有名な「金田一」事件の被害者たちは、こんな気分だったんだろうなと感傷的に。

No.127 8点 - 麻耶雄嵩 2009/11/01 20:48
一言でいえば、逆叙述トリック。
世の中に蔓延する、「またか……」とウンザリするありふれた叙述トリックをあざ笑うかのような一撃。

事件の真相自体は非常に地味なことと、彼が共犯者になり下がった理由が明かされていないなど不満は残るが、この奇想は一読の価値あり。特に新本格作品しか読んだことない人は。

麻耶雄嵩、恐るべしです。

No.126 7点 人の死に行く道- ロス・マクドナルド 2009/10/25 18:33
お決まりの失踪人探しに、ギャングが絡んでくる進行は、典型的なハードボイルド。やはり初期の作品だけあって、ロスマク的な家庭内悲劇の色は薄い。分かってはいたけれども、どうしてもそこを望んでしまうので多少の物語的「深み」不足を感じてしまう。

しかし、興味深いのはこの母娘像。なんだか後期の家族造形に相通じるものがあるように感じました。

No.125 5点 見えない精霊- 林泰広 2009/10/17 17:33
何がすごいって、一撃必殺のこのトリックを破たんなく(?)成立させたこと。ロートレックに勝るとも劣らない活字の魔法。この舞台設定や物語世界も、全てがフリだったとは。

ただ、僕個人としてはナシです。確かに練りに練られた構成ではあるけれども、「たった一つのある事実」さえ明らかになってしまえば、という『首無し』に通じるところもあるのですが、あの作品のように構図の転換や謎が紐解かれていく快感などはなく、単なる脱力。

No.124 6点 ベローナ・クラブの不愉快な事件- ドロシー・L・セイヤーズ 2009/10/10 03:12
まずこの設定が非常にユニーク。コージー的雰囲気を持ったセイヤーズの作風にピタリとハマっています。
しかし、悪く言えば、それだけ。真相自体にひねりはなく、さらに早い段階で明らかにされてしまうと、どうもラストまで気分が乗らない。そういった「演出力のなさ」が目につく作品です。

No.123 4点 青銅ランプの呪- カーター・ディクスン 2009/10/04 00:06
もはや「人間消失」という前振り自体がミスリードになっている。だって、クイーンとカーだもの(二人の合作ではないです)。そりゃ期待しちゃうでしょ。

ネタバレますけど、消失してないです。振りが強すぎてハードルが上がり過ぎていたせいもあるでしょうけど、本当に拍子抜け。
特に第一の入れ替わりトリック(言っちゃった)は、無理がありすぎて整合性がない。いや、アンフェアといっても過言ではない。いくらなんでも誰か気づくでしょ。

No.122 5点 ニッポン硬貨の謎- 北村薫 2009/09/27 11:35
クイーンのパスティーシュだが、ミステリの観点からは、お世辞にも褒められる点がない。こんなの単なる妄想でしかないよね、とほとんどの読者はあきれてしまいそうな真相。五十円玉二十枚の謎も、こんな解決あるかい、とツッコミたくなるなぁ。

ただ、本作の眉唾物は、『シャム双子の謎』論でしょう。このサイトでは軒並み評価の低い『シャム』ですが、まさかこんな仕掛けが施されていたのか!と驚き。(だけど、ほとんどの読者が気づけていない時点で、それは成功していないんじゃ……)

No.121 8点 フロスト気質- R・D・ウィングフィールド 2009/09/23 11:34
フロスト警部シリーズ第4弾。元々文庫で分厚い作品だったが、ついに上下巻に分かれ、約1000ページに及ぶ大作です。

このシリーズは毎回フロスト警部の相棒となる新米エリート警官が登場してくるが、そのうちの一人は女で、もう一人は、かつてデントン署に勤務していたいわくつきの人物。なんでも、かつて愛娘を交通事故で亡くし、その事件の担当だったが犯人を上げられなかったフロスト警部を恨んでいるとか。その真相自体はお決まりなんだけど、ホロリとさせるのは警部のキャラクターーだよなぁ。

パターンや構成は毎度のごとく、同時並行で起こる幾多の事件をフロスト警部が一手に手掛ける多重構造。何よりも己の直感を第一とする警部の杜撰な捜査が炸裂し、いつものように首の皮一枚で解決していきます。
特に、少年誘拐事件では今までにない知能犯との対決。何度も空振りを強いられ、今度ばかりはさすがにダメかも……?
だけど、ラストはやっぱり警部らしいオチ。あの証拠にしたって、ねぇ。

作者のウィングフィールド氏は既に他界して、残されたフロスト警部シリーズも残すところあと2作。はやく次作を読みたいようで、読みたくない、そんな心持です。

No.120 7点 時の密室- 芦辺拓 2009/09/18 11:21
驚きの真犯人です。しかし、純粋なフーダニットでなく、芦部氏の魅力である詰め込み過ぎのトリックが本作も炸裂しています。ので、そこはまあ愛嬌かと。

まさに「時をかけるトリック」と言いますか、三時代に渡る密室トリックが互いに連携していて、森江が真相に至るには一度その三大トリックごとひっくり返さなければなりません。この多重構造の仕掛けは上手い。(というか、ダミーの推理が真相だったらがっかりだよ、というレベルですが)

しかし、文章があまりにも活きてない。描写ではなく、説明。そういった小説的技法と、あとは驚きをより美しく魅せる演出力があれば、もっとすごい作家になると思うのですが。

No.119 5点 雲なす証言- ドロシー・L・セイヤーズ 2009/09/12 13:40
本書の結末には、正直がっかりと言う他ない。
肝心な事件の全貌を説明するラストの場面でも、興ざめな結論を最初に提示され、その工程を一つ一つ追って行っても、心躍る瞬間はどこにもない。

No.118 7点 Killer X- クイーン兄弟 2009/09/06 21:46
二階堂黎人と黒田研二による合作シリーズ。
舞台は閉ざされた吹雪の山荘、そこで起こる得体の知れない殺人鬼による連続殺人。それと同時並行に起きている下界での突き落とし魔の正体。。と、中身はコテコテの本格作品です。

以下、ネタばれ。
本書はサプライズ好きの人にはたまらない作品だと思います。曖昧な記述が続いているから匂いはあるのですが、それでもこちらの想像を上回る一撃が待っています。

No.117 8点 誰の死体?- ドロシー・L・セイヤーズ 2009/08/29 13:40
本当に、設定自体はシンプルで突出した点もない平凡な本格ミステリ。クイーンのようなパズルでもなく、カーのような不可能性もない。
下の方の言うように、冒頭から中盤にかけては確かに退屈だった。
しかし、ある人物に焦点が当てられ、事件の構造がおぼろげながらもつかめてきた途端、その大胆な○○トリックの凄さにハッとさせられた。

ラストの犯人による手記を読んで初めて分かる、犯人の頭脳と緻密な計画性。見事です。

No.116 2点 パラダイス・クローズド- 汀こるもの 2009/08/23 17:13
久々に出会ったゴミ作品。根本的に、本格をバカにしている作者のスタンスが鼻につきます。
主要登場人物以外のキャラの描写の手抜き、読者にはアンフェアな密室&双子トリック、最後まで無視され続けた動機、ページ数稼ぎのうんちく、ああ、救いがない。

本当に、某メフィスト賞はどうにかならないものか。
国内ミステリの将来に危機感を抱いているのは僕だけでしょうか。

No.115 9点 死者との結婚- ウィリアム・アイリッシュ 2009/08/14 11:50
おお、アイリッシュまさかの(ネタばれ?→)カットバック。そして、この構成が何より最大の胆。

相変わらずのご都合主義には目をつむるとして、そんなことはどうでもよくなるくらい美しい描写。風景、人間心理と、これまた相変わらず詩的に描かれています。そしてこの描写が最大のミスリードとなっている。
恋人、家族の愛を描ききることで、「そんなまさか」と思わせる。まるでそれは、読者のリアル世界での自分の家族、友人が悲惨な事件を起こしたとしても「そんなまさか」と相手を妄信してしまうような感覚。「あいつはそんなことをするような奴じゃない」と。
この文章、表現力は、誰も真似できない天性のものだと思います。

ただ、真相(?)には問題ありかと。

No.114 6点 花の下にて春死なむ- 北森鴻 2009/08/09 21:41
良作揃いの短編集。哀愁漂う物語世界は、読み手をホンワカとした気分にさせてくれる。反面、切れ味のあるロジックでピリッと引き締めてもくれる。
安楽椅子探偵的な存在がいるおかげで、とりあえず構成のフォーマットが見えて安心感はあるが、、逆にいえば突出した部分がなく、平坦というか起伏がない。登場人物に個性が感じられないのが欠点。

No.113 7点 死者たちの礼拝- コリン・デクスター 2009/08/02 00:58
デクスターといえば、生んでは捨てる論理を繰り返し、やがて訪れた(かのように思える)真相もその実は……なんて煮え切らなさもけっこう好きだったり。
「いったいあの描写は何?」と思わせるようなシーンもあり、相変わらずの独特な構図で読み手を混乱に陥れるなど、らしさは顕在。
「何故死者は二度殺されたのか?」という要の謎に対するホワイは、シンプルすぎて逆に盲点を突かれました。

No.112 5点 水の時計- 初野晴 2009/07/11 21:00
これは果たしてミステリなのだろうか。一応ラストに冒頭でほのめかして謎が明らかにされるのだが、正直言って全然驚かされもしない。だって伏線ないじゃん。トリックもないじゃん。
感動を誘うミステリといううたい文句もあるのだが、涙腺を刺激されるような出来事は描けていても、それを伝える表現力、文章力がない。よって感動もできないです。

No.111 8点 象牙色の嘲笑- ロス・マクドナルド 2009/06/28 01:25
あの事実が明らかになった時は、思わずゾッとした。ハードボイルドという冷徹な文体が成せるインパクト。
ある意味、この作品でロスマクはアーチャーというキャラクターの動かし方、彼が直面する悲劇の原形を掴んだのではないかと思います。

No.110 7点 紅楼夢の殺人- 芦辺拓 2009/06/21 15:47
壮大なる、アンチ「本格」ミステリ。
一つ一つの事件の真相はさほど目を見張るものはなく、小粒なトリックを寄せ集めただけの連続殺人の様相です。ただ、この物語の裏に隠されていた仕掛け(叙述じゃないよ)というか、正確には構図なのだけど、これはすごい。
事件の真相自体は個人的に嫌いな部類に入るものだが、この構図なら納得。本格志向の作者が描く、アンチ本格ミステリ。

しかし、いかんせん文章が読みにくく、日本ではなく紅楼夢を舞台にしていることから、「何かあるな」とはかまえちゃうよね。

No.109 7点 リア王密室に死す- 梶龍雄 2009/05/05 15:23
メインとなる謎は密室殺人一つだけなので(実は後々もう一撃あったことに気づかされるのだが)、正直この長さでは引っ張り過ぎである。面と向かって友情を叫ぶ高校生も、今となってはこっ恥ずかしくも感じる。キャラクターに誰一人も魅力的な人物がいないのは、青春ミステリとしては致命的。
とは思うものの、密室のハウダニットは、真相を知ればそれを成立させるための伏線が手際よく散らされていたことに気づかされる。ただ、この二部構成は余分な演出だったと思うんだけどなぁ。

No.108 6点 恐怖の冥路- コーネル・ウールリッチ 2009/05/03 00:47
まあ、取るに足らない平均的なアイリッシュ作品。プロットも目新しい点はないし、設定自体もよく使う手法です。導入部の謎は確かに『幻の女』を彷彿とさせられるが、それに比べたらかなり小粒な謎。
ただ、読ませる展開や詩的な描写は相も変わらず素敵。久しぶりにアイリッシュ節を堪能できたのは嬉しかった。

No.107 3点 向日葵の咲かない夏- 道尾秀介 2009/04/30 21:48
文庫化を機会に、初の道尾作品に挑戦。
まあ、自分の中でハードルが上がりすぎていたこともあるが、読んでいても「気持ち悪い」という印象しか残らなかった。
内容は、新本格しか読んでことのない自称ミステリ好きが好みそうな作品です。ただ単にどんでん返しを繰り返せばいいってもんじゃない。効果的な驚きではなく「どうせまたでしょ?」とウンザリな気持ちにしかなりません。あの伏字にしたって、振りが大きすぎるでしょ。あの場合は傑作かバカミスかのどちらかしかないのに、平凡な叙述トリックという最も中途半端な形に。残念。
ただ、他にも高評価な作品も多いみたいなので、道尾作品はまだ読み続けたいとは思います。

No.106 9点 死せる案山子の冒険- エラリイ・クイーン 2009/04/25 19:47
クイーンのラジオドラマ集第二段。
初期国名シリーズの頃のパズラー色が強かった前作に比べ、本書はより中期よりの作品傾向が目立ちます。
後期クイーンの悪癖とも言うべきダイイング・メッセージ物はパッとしませんが、クイーンファンならば楽しめる要素のある作品は多いです。
クイーンが新作として考えていたプロットが、先に発表されてしまった『そして誰もいなくなった』と同じだったためにボツになった話は有名ですが、本書の『生き残りクラブの冒険』は、その幻の原案が採用されている、と解説者の方は予想しています。しかしこのアイディアでは、クリスティのほうがサスペンス性もサプライズ性も上だと思います。
国名シリーズ要素が多く詰まった表題作は、犯人指摘のロジックがスマートで、さすがと感心させられるが、案山子や雪だるまに関するホワイがあっけなさすぎるのでいまいち。
お気に入りは『姿を消した少女の冒険』なんと、クイーンにしては稀有な誘拐ものです。正直、現代人にはわかりやすい犯人ですが、中期の悲劇性が色濃く出ていることが大きなミスリードとなっています。これが登場人物が単なるパズルの1ピースであった初期ならばこういった作品は生まれなかったでしょう。そういった、初期、中期、後期と作風に違いが現れたクイーンを一度に味わえることが本書の醍醐味なのかもしれません。

No.105 10点 ナポレオンの剃刀の冒険- エラリイ・クイーン 2009/04/11 00:26
アメリカで放送されたクイーンのラジオドラマのシナリオ集。解決編の前には「読者への挑戦」ならぬ、「聴取者への挑戦」が挿入されています。ラジオなので、物語は全て会話のみで構成されています。「ラジオドラマという制約の多い中で、これだけの作品を生み出せるクイーンは、やはり神」と法月氏が語っていましたが、僕も賛同です。
お気に入りは「殺された蛾の冒険」「呪われた洞窟の冒険」の二つ。
特に「呪われた洞窟の冒険」は、カーを彷彿とさせるようなオカルティズムと不可能犯罪。足跡密室のトリックは、他の作家では思いつきだけのバカミスになりかねないものですが、クイーンはやはり違います。幾重にも張り巡らされた伏線をロジックによってつなぎ合わせていく。その伏線の張り方が非常に巧妙で、それをラジオドラマという自由の利かない中でやってのける。正に初期の国名シリーズに引けを取らないパズル作品だと思います。さらにラストの趣向といったら、まんま「あの作品」と同じで、クイーン好きな方はついニヤリとしてしまうでしょう。「殺された蛾の冒険」は、これぞクイーンというアクロバティックなロジックを堪能できます。
聴取者に「解くことができる」という前提の下のラジオドラマでなく、小説の形式を取っていたら、もっと完成度の高い作品になっていたと思います。
正直、10点は甘すぎますが笑。久しぶりにクイーンの物語を堪能できたという喜びが多分に加味されています。

No.104 5点 ホッグ連続殺人- ウィリアム・L・デアンドリア 2009/04/06 12:20
(ネタばれです)最初の事件で犯人がわかります。だってあの状況であの手紙を書けるのは一人しかいませんから。それとも、もしかしてものすごいトリックが仕掛けられているのか?……と期待したが、どうやらそういった趣向のミステリではないみたい。ミッシングリンクものとしてはたいした作品ではありません。
「結局事故だった」とは、見当ついていたんですが、実際にそれが真相だとものすごく拍子抜けしてしまいます。

No.103 7点 マレー鉄道の謎- 有栖川有栖 2009/03/29 00:27
間違いなく作家アリスシリーズの代表作でしょう。
あとがきで語っているように、本書は「ただの本格ミステリ」だと思います。嫌味ではなく、最高の褒め言葉として。確かに「新本格」という言葉の意味が変化してきた中で、これだけ真正面から本格作品を描ける作家は、果たして今後生まれてくるのでしょうか?これは出版社側にも問題はあると思いますが。

と、褒めどころはあるんですけど、有栖川作品にしては稀有なハウダニットがメインとなる本書、そのトリックが、どうもあの有名な三毛猫探偵のあの作品を髣髴とさせられるんですけど。ロジックにも学生アリスのようなアクロバティックさはなく、大人しく半端な印象。
ま、愛ある辛口ということで。

No.102 4点 モンキー・パズル- ポーラ・ゴズリング 2009/03/22 01:00
こらこら、最も重要なホワイが解決されていないじゃないか。と、まずはそれが一番の不満。「見ざる、聞かざる、言わざる」と日本語にしてしまえばちょっぴり間抜けな感もぬぐえないが、そのミッシング・リンクの謎は素敵だったのに。
そして、個性が弱く多すぎる登場人物に誰が誰だか判読不能。さらに、プロットがベタすぎて先の展開が読めてしまう。踏んだり蹴ったりな作品でした。

No.101 8点 犬神家の一族- 横溝正史 2009/03/01 15:55
横溝作品は数えるほどしか読んだことはないが、これは傑作。過去の日本の物語だからこそ成立するどろどろした人間模様、見立て殺人による恐怖感をそそる怪奇性、それが数々の伏線によって論理的に事件を紐解くパズルのピースとなっている。

しかし、最近は毎回のごとく読後にボヤいているんですけど、この作品も同様に「都合のいい構図だよなぁ」と感じてしまいます。

1 2 3 ... 5