frontsanさんの登録情報
平均点:6.81点 採点数:58件

TOPプロフィール高評価と近い人書評を見る

採点傾向好きな作家

1 2
No.58 7点 七人の証人- 西村京太郎 2012/04/03 14:39
西村京太郎の初期作品は、結構質が高いことが分かる一作でした。

No.57 6点 クラインの壷- 岡嶋二人 2012/04/03 14:37
中盤は面白かったが、終わり方が今ひとつだった。

No.56 8点 愛しき者はすべて去りゆく- デニス・ルヘイン 2011/07/02 14:28
パトリック&アンジーシリーズの代表作。とても、考えさせられる作品です。なお、日本では公開されていませんが、「ゴーンベイビーゴーン」という映画にもなっています。(レンタルでは見れるようです)

No.55 7点 シャッター・アイランド- デニス・ルヘイン 2011/07/02 14:16
映画で有名になった作品。叙述物が好きな人にはお勧めです。

No.54 7点 ミスティック・リバー- デニス・ルヘイン 2011/07/02 14:14
デニス・ルヘインの代表作。まあまあの出来です。映画化もされているので、そちらの方が有名。ルヘインの本当の面白さは、パトリック&アンジーシリーズがお勧めです。

No.53 6点 ムーンライト・マイル- デニス・ルヘイン 2011/07/02 14:11
パトリック&アンジーシリーズ久しぶりの一冊にして、シリーズ完結編。前作からブランクがあいてしまったせいか、前5作とは雰囲気がずいぶん変わってしまったのが残念でした。

No.52 6点 スコッチに涙を託して- デニス・ルヘイン 2011/07/02 14:08
パトリック&アンジーシリーズの第一作。作品としては、いまひとつだが、これ以降面白くなるシリーズの人間関係を知っておくためには必要な一冊。

No.51 9点 闇よ、我が手を取りたまえ- デニス・ルヘイン 2011/07/02 14:06
デニス・ルヘインは、「ミスティックリバー」や「シャッターアイランド」といった映画化された作品が有名だが、本当はこちらのシリーズ(パトリック&アンジーシリーズ)の方が面白い。その中でも、この作品は、「愛しき者はすべて去り行く」と並んで、とても面白いです。

No.50 6点 慟哭- 貫井徳郎 2011/07/02 14:00
早い段階で、オチが読めてしまいました。残念。

No.49 7点 仮面山荘殺人事件- 東野圭吾 2011/06/21 22:48
とても読みやすかったし、長さもちょうど良かった。オチは、まあまあだったけれど、全体的に満足です。

No.48 6点 顔に降りかかる雨- 桐野夏生 2011/06/07 15:09
ハードボイルド好きなので、読んでみました。女性が主人公のハードボイルドは初めて読みましたが、今ひとつ迫力に欠けていたと思います。今後気が向いたら、このシリーズの続きを読んでみます。

No.47 6点 ハサミ男- 殊能将之 2011/06/02 10:59
叙述トリックものだと分かって読んでいたせいか、先が読めてしまったのが残念。薀蓄も多すぎたような気がします。

No.46 6点 そして名探偵は生まれた- 歌野晶午 2011/05/20 15:15
そして名探偵は生まれた・・・6点
生存者、一名・・・7点
館という名の楽園で・・・7点
夏の雪、冬のサンバ・・・5点
ということで、平均するとだいたい6点かな。

No.45 5点 びっくり館の殺人- 綾辻行人 2011/04/12 15:28
自分が小学生だったら面白く感じたと思います。

No.44 7点 しあわせの書―迷探偵ヨギガンジーの心霊術- 泡坂妻夫 2011/01/16 11:36
仕掛けにはただただ脱帽しました。ストーリーも短いので、サクサク読み進めることができます。

No.43 7点 モルグ街の殺人- エドガー・アラン・ポー 2010/12/16 14:49
最近の複雑で凝り過ぎた作品より、シンプルで面白かった。

No.42 6点 どんどん橋、落ちた- 綾辻行人 2010/12/06 10:00
短編集ならではの異色な作品群。ミステリ作家の苦悩ぶりが垣間見られた作品集でした。

No.41 9点 イニシエーションラブ- 乾 くるみ 2010/10/15 23:18
トリックも秀逸だったが、作品の時代背景が自分と重なっているので当時のことを懐かしみながら読めた。

No.40 6点 葉桜の季節に君を想うということ- 歌野晶午 2010/10/10 09:41
うまく騙されたけれど、登場するキャラが好みではなかった。

No.39 7点 白夜行- 東野圭吾 2010/10/05 22:48
一つ一つの事件はたいしたことないのだが、全体としてはそれらがよくまとまっていた。長いわりにアッという間に読めたが、終わりがあっけなかったような気がする。

No.38 8点 皇帝のかぎ煙草入れ- ジョン・ディクスン・カー 2010/09/18 13:40
今までに読んだことのないトリックでした。半世紀以上前に書いた作品なのに、今読んでも充分に楽しめました。

No.37 8点 首無の如き祟るもの- 三津田信三 2010/09/12 09:41
このサイトで高評価だったので読んでみました。期待通りの作品で満足です。こういったおどろおどろしい作品は今まで敬遠してきましたが、他の三津田作品も読んでみようと思いました。

No.36 5点 百舌の叫ぶ夜- 逢坂剛 2010/09/12 09:35
出版当時読めば面白かったのかもしれませんが、ほかの最近のハードボイルドに比べると古臭く感じてしまいました。

No.35 6点 大誘拐- 天藤真 2010/02/09 09:38
終わり方が、いまひとつだった。映画化されているようなので、今度はそちらを見たいと思う。

No.34 6点 スイス時計の謎- 有栖川有栖 2010/01/15 14:21
表題作だけだったら7点ですが、ほかがイマイチだったので6点。表題作は、むしろもう少し長くして長編にしたほうがよいと思う。

No.33 7点 殺戮にいたる病- 我孫子武丸 2009/12/16 22:34
ずっと気になっていた作品なのですが、内容がグロいという評判だったので読むのを躊躇していました。思っていたほどグロくなかったです。最後にどんでん返しがあることは知っていたのですが見抜けませんでした。

No.32 6点 一の悲劇- 法月綸太郎 2009/12/14 10:59
本格推理小説とハードボイルドを混ぜ合わせたらこんな感じになるという作品。主人公は探偵にしないと、中途半端なハードボイルドになってしまう。原寮というよりは、藤原伊織の作品に似ていると思った。いっそのこと、新しい探偵キャラをつくってシリーズ化すればもっと面白くなるのにと思う。

No.31 6点 法月綸太郎の冒険- 法月綸太郎 2009/12/08 10:52
重いテーマのものより、図書館シリーズの方が好みだった。今度は、法月の長編小説を読んでみます。

No.30 7点 グリーン家殺人事件- ヴァン・ダイン 2009/11/28 10:21
犯人はわかってしまうのですが、半世紀以上前にこれを書いたという点で、その功績にプラス1点。

No.29 9点 Xの悲劇- エラリイ・クイーン 2009/10/16 11:36
半世紀以上前の作品なのに、今読んでも全く申し分ありませんでした。最後の謎解きの場面は、納得させられっぱなしでした。

1 2