臣さんの登録情報
平均点:5.88点 採点数:567件

TOPプロフィール高評価と近い人書評を見る

採点傾向好きな作家

1 2 3 4 ... 19
No.537 7点 北京悠々館- 陳舜臣 2017/05/25 17:10
清国とロシアとの秘密協定に絡むスパイ・ミステリー。スパイ役は日本の書画骨董商・土井策太郎。
息もつかせぬサスペンス、ハラハラ、ドキドキの連続、というほどではありませんが。

この作者のミステリーは、国際色豊かで、いかにも壮大そうなものもあり、おそらく解説を読んだだけでは敬遠する人も多いのではという気がします。でもどんなタイプのミステリーであれ、たいてい本格要素が盛り込んであり本格ファンには喜ばれると思います。

本書も、いちおうは本格です。
悠々館での密室殺人、25万円の消失が主たる謎。300ページのボリュームで提起される謎としてはやや小ぶりですが、それを著者の得意分野による物語性で十分にカバーしています。
国際政治絡みの雇われスパイに浮世離れした骨董商の見習い青年を使ったり、後半には小気味のいい謎解きをするもう一人の主人公・張紹光を登場させたりと、人物設定にこの作者のうまさを感じます。
殺人トリックは可もなく不可もなし(というよりもこんなの飽きちゃったという感じかな)ですが、ミステリーとしての締めくくり方がちょっと変わっていて(いちおうどんでん返しあり)、けっこうお気に入りです。

No.536 7点 罪の声- 塩田武士 2017/05/16 10:40
昭和最大級の未解決事件、グリコ・森永事件がモデル。本作では「ギンガ・萬堂事件」。
高村薫氏の「レディー・ジョーカー」も同事件のモデル小説だが、本作のほうが実名を使ってある分、本物感がある。

記者の阿久津と、テーラーの主人である曽根とによるカットバックスタイルにより、物語は進行する。
真相がおおむねわかるまでの事件捜査&ノンフィクション風・パートは、登場人物が多いこともあって、やや読みにくく混乱ぎみだったが、事件の核心にたどり着いてからの捜索&社会派ドラマ・パートは、一気読みモードだった。後半の読み応えはすごかった。
中盤まであの表紙の意味を理解できなかったが、読み終われば納得だった。
こんな悲劇が起こっていたとはね。
もしかしたら現実のグリ森事件も同様か、もっとひどいのかもしれない。

阿久津も曽根も、最初はたよりなさそうに見えたが、真相に近づくにつれ強くなっていくようで、社会派らしい地味なキャラクタにもかかわらず気持ちよく感情移入でき、その点にも満足した。特に阿久津の成長には目を見張るものがある。

後半の読書中、久しぶりに感情が昂り、読後の興奮度合は凄まじく、我ながら驚いた。
昨日の読了時には評点9点、でも翌日の今日は、ミステリー性と、興奮が覚めた分とを考慮して、7点かな。
人間ドラマファンや、社会派ミステリーファンなら薦めなくても読むだろうが、本格一辺倒の人たちにも、ぜひ読んでもらいたい。でも、おそらく読まないだろうw

No.535 4点 シャーロック・ホームズの事件簿- アーサー・コナン・ドイル 2017/04/20 09:36
ホームズの特徴的なスタイルはほとんどなくなっている。
ちょっと形を変えただけで面白くなくなるのはなぜか。ドイルは不器用な作家だったのだろうか。

『ソア橋』はトリック重視作品だが、ただそれだけ。ホームズ物にしては単調すぎる。
数十ページの中で種々変転があるのがホームズ物の特徴なのに、それがないのはなんともさみしい限りだ。
『三人ガリデブ』はなんとか楽しめるが、また焼き直しか、と思わないでもない。

といったレベルの作品集で、残念な結果でした。
もう一度読み直せば感想は変わるかも?いやぁ変わらんかな~w

No.534 6点 愚者のエンドロール- 米澤穂信 2017/03/17 09:29
冴えてますね。こんな風に作れば面白くなるんですね。
人物設定、舞台設定、メタ設定、どれをとっても文句なし。

日常の謎による緊張感の無さは、こうやって推理の楽しさでカバーするんですよ、という著者の声が聞こえてきそうです。
「毒チョコ」的と思っていたらオマージュ作品なんですね。もしかして本家を超えたかもしれません。ちと褒めすぎか?
短い作品ですが、全編の隅々まで行き渡る推理要素を楽しむべし、といった豪華絢爛たる本格ミステリでした。

No.533 6点 タイムマシン- ハーバート・ジョージ・ウェルズ 2017/03/09 13:53
初めて読みました。
空想科学小説というよりも、未来の地球を舞台とした冒険物語という感じでしょうか。時間旅行モノの元祖作品です。
舞台は80万年後の世界。そこには今の地球人の子孫たちが暮らしています。
知能は劣るが穏やかなイーロイ人、地底に住む賢いが獰猛なモーロック人の2人種。
彼らに接した主人公の独白が印象的です。
「人類の知性が描いた夢はいかにも儚かった。人類は自殺を遂げたと言うしかない」
たしかにショックですね。
でもそのうちの一人と仲良くなります。
冒険物語はいかに終末を迎えるか?

翻訳が良いのか、文章が素晴らしい。
短すぎてあっけなさはあるし、ミステリーとして読めばかなりイマイチですが、けっこう楽しめました。
自分が書くなら、こうしたらいいのに、ああしたらいいのに、というのも多くありましたね。

No.532 5点 赤い橋の殺人- シャルル・バルバラ 2017/02/28 09:55
ぐいぐいと読ませるところはある。でも、全体構成とかプロットとかについては、テーマが同じである後発の『罪と罰』のほうがはるかに上。
なんといっても、あっちはエンターテイメントというジャンルに恥じない上等クラスの出来だけど、本書はそこまでには到達していない。
構成とか、いろんな面でかなりエンタメ小説として損をしている感じがする。ちょっと惜しいなぁ。
楽しめる面ももちろんある。あることをきっかけとした主人公の変化と、それに続く告白の章や、彼の後半の人生が語られる章は、まちがいなく読者を惹きつけるだろう。

とにかく、100年以上もの間、埋もれていたフランス作家、バルバラ(1817-66)の作品を、今こうして読めることは本当にすばらしい。

フランス版の『罪と罰』という帯の惹句が、ずっと気になっていた。
光文社古典新訳文庫って高いから買うのを躊躇していて、そのうちに忘れてしまっていた。先日、図書館でたまたま見つけ、即借りた。
そして1週間ほど積読していたら、なんと、蟷螂の斧さんが書評をアップされた。タイミングがピタリ。これにはびっくりした。

No.531 6点 暗幕のゲルニカ- 原田マハ 2017/02/21 09:52
絵画ミステリー作品、「楽園のカンヴァス」が新鮮で強烈だっただけに、本作には期待した。
(以下、ほんのわずかにネタバレ的)

ピカソの時代と現代の同時進行というスタイルは前作と同じ。
ピカソの話が1937-45年、現代の話は2001-3年で、わずか60年ぐらいしか離れていないのも前作と同じ。どんなミステリーなのか、序盤ではとにかく期待が高まっていく。

ピカソと言えば「ゲルニカ」。ゲルニカと言えば反戦のシンボル。
2001年9月11日と言えば同時多発テロ。それに続くイラクへの報復戦争。
両者のリンクは、物語のはじめのうちに明かしてしまっているから、それはそれでよしだが、そんな背景開示の後に現代で起こるゲルニカ絡みの事件が、いつまでたっても進展しないのにはやきもきする。
終盤に至ってサスペンスフルな展開へと変転していくが・・・

前作にくらべると、締まりがないなぁ。なんかガサガサしていて落ち着きもない。
2つの話はそれぞれでは面白いが、交互に同時進行すると、どうかなあという感じもする。
前作よりも大物感が強く、期待しすぎてしまったかな。ミステリーとしてはちょっと物足らない。
まあでも、登場人物の「ゲルニカ」への愛は存分に感じられたので、そこはよかった。
そんなレベルだろうか。

No.530 8点 さらば愛しき女よ- レイモンド・チャンドラー 2017/02/08 10:01
『長いお別れ』よりもわかりやすいと思います。この作家にしてはプロットがシンプルなのかもしれません。
しかも、人間の愛憎がテーマで、背景や真相は万人受けするものです。やはりミステリーはこうでなくては。トリックなんてどうでもいい(ウソです)。
この背景なら清張、森村作品にも多くありますし、動機は違えどクリスティの『・・・』だって似ています。
本書の結末を冒頭に持ってくれば本格ミステリーになったりするわけです。

特に言えることは、ラストの盛り上がりが格別なことです。最後まで読むと、余韻として物語の裏側が映像のように見えてきます。その盛り上がりの後の、アンとの会話や、最終章も結構好きだったりします。

文章がいいのはもちろんです。マロイの登場場面は少ないのに、読者に対するインパクトは凄い。文章力の賜物です。
描写が丁寧なエンタテイメント作品に飽きたとき、でも文芸作品を読むのはちょっとと思ったとき、読解力を試すつもりで一文一文を噛みしめるように読めば、行間を含めて読んだぞ、という気分になります。
しつこいぐらい遠回しな比喩表現は基本的に嫌いですが、この作家に限り許せるという感はあります。

No.529 6点 夏の口紅- 樋口有介 2017/01/30 11:10
もっと純文学的なものを想像していましたが、ほどほどの青春ミステリーでした。

主人公の礼司は長い間付き合いのなかった父親の突然の死で、姉と親戚の季里子の存在を知る。姉探しが始まる。姉探しの中で、季里子のことがわかり始め、父親像や身の回りのことが見えてくる。恋人・香織の存在も大きい。そして後半には意外な事実を知ることとなる。まるで連城の反転を見るようで、これがミステリーたるところ。すごいと思ったが、純文学かミステリーか、どっちかにしろという気分にもなった。

主人公の若いわりに老成したところには相変わらず魅かれます。というよりも自然体なところに共感を覚えます。樋口氏の小説の主人公は、中高生でも、大学生でも、成人でもみなこんな感じで、ちょうどいい塩梅のハードボイルド風味の主人公像に仕上がっています。女性にももて、ちょっと出来すぎの感はありますが。
著者自身の投影か、あるいは理想像だったのかなぁ。

地の文を挟まない長々しくも、さっぱりとした会話文の連続も自然です。最近よく読む、会話の一部を地の文に入れる五十嵐貴久作品とはまるで反対の表現方法で、どちらも気に入っています。

No.528 5点 最後の嘘- 五十嵐貴久 2017/01/25 09:33
私立探偵物らしく、川庄の仕事は、政治家・榊原からの依頼である失踪人探しから始まる。失踪人である、榊原の隠し子・亜美は比較的早く見つかるが、いろいろと釈然としないことがあったり、さらに亜美の恋人や暴力団、覚醒剤が絡んできたりして、必要以上に亜美の周辺を嗅ぎまわることになる。

平凡な流れという感じがしますし、その後発生する事件の真相も、2時間サスペンスでよく目にするものと似ていて、見え見えの感があります。ミステリーとしては褒めるところが少ない。川庄とある人物との会話がオチみたいなもので、最後だけうまく締めくくったというところでしょう。
本作はやはりキャラを楽しむ、和製スペンサーシリーズなのですね。表紙も似ています。

主人公のキャラについては、説教臭すぎるところがおおいに気になります。しゃべりすぎなのは我慢できるとして、基本的には三枚目なのに、軽口レベルの説教は、(私の望むものとは)ちょっと違うのではと思ったりもします。だからといって気障な言い回しが似合うはずもありません。
とはいえ流れるようなストーリーラインは芸術的です。読ませるだけ読ませて、結果はがっかりのはずなのに、それなりに満足しました。

No.527 5点 さまよえる未亡人たち- エリザベス・フェラーズ 2017/01/18 10:02
ちょっと軽め、ちょっと明るめのノンシリーズ・トラベル・ミステリー。
コージーというほどではありませんが、4人の<未亡人>が旅先でわいわいがやがやと2時間ドラマ風にふるまってくれるので、怪しげながらも独特の楽しい雰囲気を感じられます。旅ならではのゆったり感が伝わってくるようです。残念ながら旅先の情景描写はなく、旅情を感じることはありません。

事件は<未亡人>の一人の毒死のみ。発生が遅めとはいうものの、その事件だけで種々の事象を絡めて終盤まで進めていき、読者を引っ張っていく手腕はなかなかのもの。自殺か他殺かだけでなく、間違い殺人なのかどうかという謎を付加したことはいいアイデアだと思います。これがあるのとないのとでは大違いです。
さらに、主人公ロビンの淡い恋心を交えながらの、ああでもない、こうでもないといった寄り道捜査は素人探偵だからこそのもので、これも魅力のひとつです。

謎解きネタとして伏線、手がかり描写、ミスディレクションなどさまざまな小技が駆使してあり、本格物としてはスグレモノです。ただ、なんども読み返さないとわからないので、それにより面白さが低減しているのは惜しい気がします。

No.526 6点 彼女はたぶん魔法を使う- 樋口有介 2017/01/06 17:13
ああ言えばこう言う、これが私立探偵・柚木草平の会話の特徴の一つ。でも、それが論理的な受け答えかと言えばそうでもない。相手を納得させるための屁理屈のようにしか聞こえない。まあ下手なディベートのようなものか。
そんな軽口をたたきながら、本場のハードボイルド探偵のように振る舞うのには閉口する。
原りょう氏の沢崎シリーズのようにとことんハードに徹するか、五十嵐貴久氏の吉祥寺探偵物語シリーズのように和製探偵的な面白要素を取り入れてあるほうが、嗜好にはマッチしている。とにかく主人公のヘマな面をもっと見せてほしい。
巷の評価では主人公・草平は三枚目とのことだが、個人的には恰好つけて、ボギーを気取っているように思えてならない。

ストーリーもありきたり。
(以下ネタバレ気味)
草平の推理にはなるほどと思ったが、これは大外れ。これこそが三枚目要素なのかもしれない。
その後の解決にも特に際立ったものはなかった。

と、文句ばかり。
でもなぜか、ほどほどに快適な読後感をおぼえた。
主人公のキャラを潜在的に楽しんだのか、あるいは登場する女性たちに魅力があったからなのか。

No.525 8点 サクリファイス- 近藤史恵 2016/12/20 09:28
スポーツ物は臨場感、スリル感を読者に伝えることが重要だろう。本作ではその点は作者の描写力によって十分にクリアしている。
それだけではミステリーとしてはもちろん不十分だが、近藤女史だからそれについても問題はない。じつは後半近くまで、果たして謎解き要素があるのだろうかと危ぶんでいたが、全くの杞憂だった。間違いなくミステリーであった。
ただ、シーマスターさんが言われているように、ある人物の描写が少ない感はある。だから本格推理物とまでは言いがたい。でもその点を考慮しても十分に読ませる小説であることはたしかだろう。

その他の問題点といえば、内容紹介で青春小説であることも謳ってあったが、これには当たらないということ。主人公は学生ではないし、若い(二十歳代前半)とはいえプロのレーサーだし、恋愛要素はあっても、ほろ苦さや郷愁などを感じることもない。
まあ、個人的な小説のジャンル定義だけの問題なのだが・・・。
ということで、ジャンルは、スポーツ・サスペンス物(普通すぎるw)。

本サイトやアマゾンで他の書評を読めばいろいろと問題点も浮かび上がってくるのだが、そんなことは気にせず、大絶賛したい。じつはちょっとだけ気になってマイナス1点w

No.524 6点 曲った蝶番- ジョン・ディクスン・カー 2016/12/16 10:12
ふたりのジョン卿の人物真偽をめぐる争いで惹きつける冒頭部分は、よくできています。そしてその後に起こる事件。突然の発生でしたが、被害者が意外な人物だったので驚きました。ここまでの前半部は絶品です。タイタニック号の沈没事故が背景にあるのにも魅かれます。
もちろん、その後の怪奇趣味絡みの展開、そして怒涛の後半のサスペンスと解決にも心躍らされます。

読む前からタイトルに関心がありました。
「蝶番」。工務店絡み?それとも日曜大工?
蝶番―>開き戸―>居室―>密室殺人、と安易な発想をしていましたが、表紙の絵を見なおすと、いやこれは密室ではないのかと、また考えなおしたりして、結局は・・・
間違いなくトリックに関わるとは思っていましたが、はたして・・・

楽しめる要素はてんこ盛り。地味なタイトル、真偽争い、オカルト、トリック、そして真相。
真相と背景との結びつけ方がやや弱い気がしますが、全体としての物語性は抜群でしょう。

No.523 6点 恋文- 連城三紀彦 2016/12/07 14:14
歪んだ情愛系・ミステリーもどき作品集。

『恋文』タイトルだけがミステリーか?ごくフツーの出来だった。
『紅き唇』ちょっと良い話。ちょっとミステリー。悪くはない。
『十三年目の子守唄』愚痴っぽい独白スタイルが利いている。連城らしくない感もあるが、反転は連城らしい。これがベストだが本編だけが浮いている。
『ピエロ』こういう夫婦がいてもいいが、それがどうしたという感じ。そもそも共感できない。もっと強烈なオチをつけてくれればいいのだが。
『私の叔父さん』大叔父と姪孫(まためい)の関係だけでも興味深いのに、さらにちょっとした背景があるから、なおおもしろい。締めくくり方はすこし透け気味。話としては好みだが、後半がクサい。それに最後の数行は俗っぽくて好みではない。

以上、短編らしい短編、5編。
切れ味するどいとまではいかないが、十分に楽しめた。著者の数々のミステリー名編とくらべて遜色なし。ミステリー性が低くても問題ない。
が、得られる喜びは刹那的で、読後何も残らない。話の筋は読後10分で忘れてしまいそう。

No.522 6点 僧正殺人事件- ヴァン・ダイン 2016/11/30 19:04
見立てはしっくりきません。意味不明という気がしてなりません。そもそも見立て殺人というジャンル自体、一般的にそう言えることかもしれませんが・・・
『グリーン家』とは、ひと味もふた味も違います。どちらがいいかは判断しがたし。

登場人物は比較的多数ですが、わかりやすく書いてあります。
それに、何人もの人が死んで容疑者が減っていっても、すぐに犯人にたどり着かないようにうまく作ってあります。
蘊蓄の適度なちりばめ方も、読みやすくていい印象を受けます。

登場人物たちの職種もよし、アーチェリーもよし、チェスもよし。
動機がイマイチ、というかなぜそこまでするのか、という滅茶苦茶感もよし。
陰湿な内容になりそうなのに、それほど暗くないのもよし。
サイコ系にできそうなのに、すこしゆるみがちなサスペンスもよし。はっきりいってスリルは感じられないが、このジャンルでは逆にそこを気に入ったりもしています。
そして、どんでん返しもよし。犯人はなんとなく想像できましたが、決着のつけ方の工夫には感心し、なぜか新鮮に感じました。

とにかく、人物よし、蘊蓄よし、ラストよし、そしてなんとなくのアンバランス感もよしの好作品でした。

No.521 6点 読み出したら止まらない! 海外ミステリー マストリード100 - 事典・ガイド 2016/11/24 10:55
絶版作品を入れていないというのはいい。
1作あたりの書評ページ数が限られたガイドブックであるとはいえ、その1作から派生させて同じ作家の他の作品が少しだけ紹介してあるのもよい。

ひとりの書評家(杉江松恋氏)が選んだベスト100なので、絶版になっていないがこれは名作と思われる作品が掲載されていないと、プロの書評家でさえ評価がそれぞれなのだと安心もするが、なんでこれがないのかと残念な気にもなる。
もちろん、個人的に面白くないと思っていた作品も選ばれていた。本サイトで、評価は人それぞれということがわかっていたから、特段の驚きはなかった。

海外作品を数多く読んでいないので、書評を読みながら、よしつぎはこれを読もうという気持ちになることはもちろんある。でも、最近では特定の書評をあてにしたくないという気持ちもあるから、むしろ既読作品について、そのとおりだとか、それはちがうだろうとか、そんなふうに思いながら読むことで楽しめた。

No.520 4点 鞆の浦殺人事件- 内田康夫 2016/11/16 17:08
本作では序盤に、作家・内田康夫がいつも以上に、中心人物であるかのごとく多くのページに登場しています。後半には浅見が内田の作品を評する場面もあります。
意外な人物を犯人にすることはあっても、インチキ同然の露骨なひっかけをしない、いい人間と悪い人間とを色分けする、などと浅見が内田作品を評しています。
これは浅見の言葉を借りて自身をほめているように聞こえます。本作の後半、イマイチかなと感じ始めたころだったので、凝った作りにしないことの言い訳にも聞こえました。

ということで評価は当然高くありません。終盤が駆け足すぎです。浅見の推理が出来すぎということなのか。
舞台が福山市の鞆の浦から、東野氏の『真夏の方程式』の玻璃ヶ浦を連想したこともあって、期待したのですけどね。
福山の「N鉄鋼」はあからさまです。これほどわかりやすいと悪く書けないから、企業絡みの社会派ミステリーとしても中途半端な感があります。

序盤から中盤にかけての、内田の登場、事件の発生、浅見の捜査の取りかかりぐらいまでは引きこまれます。テクニックは抜群です。中盤の捜査と終盤の謎解きに、もう少しページ数を割いてくれればという気がします。

No.519 6点 古本屋探偵登場- 紀田順一郎 2016/11/10 10:10
古本屋探偵シリーズ。『殺意の収集』と『書鬼』の中編2編が所収されている。
顧客が所望する古書を探し出すこと、つまり古書捜索が古書店探偵・須藤の職務である。

『殺意の収集』は、トリックもあり、それなりのラストが控えてもいるから、まずまずの出来ではあるが、謎解き対象が犯罪とはいえ日常の謎に近いものだから、緊迫感はない。
しかも古書がらみの話なので派手さはゼロといっていい。ビブリア古書堂シリーズのように登場人物に華があればよいが、それもなくキャラクタ的に見て魅力に欠ける。

『書鬼』は、須藤だけでなく他の登場人物もおもしろく、魅力的に見えてきた。慣れただけなのだろうかw
須藤が探偵業としてではなく、自分の利益のために動こうとするのがおかしいが、納得もした。
登場人物だけではなく、ストーリー自体がサスペンスフルで読み応えがあった。長編にもできそうな内容である。

地味なことには抵抗があったが、古書の行方や来歴を探る、というミステリーにおける新たな発想を利用したことはすばらしいと思う。

No.518 7点 珈琲店タレーランの事件簿2- 岡崎琢磨 2016/11/08 09:33
ビブリア古書堂シリーズとくらべれば、蘊蓄が少ないためか、その分、謎解きが充実しているような気がする。しかもいろんな謎がてんこ盛り。

日常の謎と、安楽椅子モノとを融合させたような、まあ一言でいえば、やはり『ビブリア』と同類という定義づけか。
安楽椅子モノといっても、それだけではなく、後半は全編を貫くサイドストーリーがメイン寄りになってきて、探偵役の美星バリスタと妹の美空が中心人物になってくる。今回のアオヤマ君は傍観者かと思いきや、後半はキーマンになる。

短編ごとの細かな謎解きも楽しいが、長編としてのストーリーもなかなかうまく作り込んであり、自然にそちらのほうに入っていける。手がかりや伏線についても万全に仕込んであり、テクニック抜群の作家さんだなということがわかってきた。
珈琲や京都に関する蘊蓄がもう少しあればよいのではとも思うが、しつこすぎるよりはよいかもしれない。

No.517 5点 火刑法廷- ジョン・ディクスン・カー 2016/10/24 16:06
評価できるのは、どんでん返しだけ。
いやいやそんなことはない。あれがなくても十分にオモシロ要素はある。まあでも、あのラストがあればなおよいことは事実。

舞台設定よし、人物設定もよし、会話もよし、トリックもよし、オカルト要素もよし、伏線もよし、そしてあのエピローグもよしなのだが、とはいうものの個人的には、調子に乗り切れなかったことも事実。
カーの最高傑作ということで気負いすぎたか。
あえて言うなら、あの2つの謎の種明かしが物足りなかったのかなあ。

No.516 6点 臨床真理- 柚月裕子 2016/10/07 09:30
臨床心理士の美帆が、担当の統合失調症患者である司の友人、彩の死の真相を追う展開。

美帆は司を救い守るため、そして自分の仕事をとことん全うするため、体を張って行動する根性のある女性です。女性版ハードボイルドといってもいいぐらいでしょう。
それほど強さが感じられなかった序盤とくらべれば、徐々にたくましく変化していく過程には魅かれます。大げさな言い方ですが美帆の成長物語ともいえます。
そして美帆だけでなく、司や、美帆の友人である警察官の栗原も彼女とともに変化していくところにも好印象が持てます。

アマゾンでは先が読めるとか、意外性がないとか酷評を受けていますが、あくまでもミステリー性が弱いだけで、エンタテイメント作品としては上出来だと思います。正統派ノンストップ・サスペンスといったところでしょうか。

No.515 7点 弁護側の証人- 小泉喜美子 2016/10/01 12:15
長編第1作にしては、あまりにも大胆で、あまりにも技巧的で、あまりにも伏線がうますぎる。
だからといって滅茶苦茶おもしろいかというと、そうでもない。叙述を極めようとするあまり、物語性に悪影響をおよぼしているのだろう。
やはりミステリー小説は、どんでん返しで驚かされるだけではなくて、中途のストーリー性で引きこんでくれないと。

クリスティーの『検察側の証人』にタイトルだけでなく、構図を似せたところがある。〇〇系としてはそれこそが肝なのだが、そこまでする必要があったのか。すこし苦しいような気がする。なんとしても、完璧を期したかったのだろうか。やはりタイトルがまずいのか。

そんなことよりも物語の雰囲気と構成がじつは大好き。作中にも引用されている『レベッカ』を意識しているのではないかと思う。恥ずかしながら原作は未読で、ヒッチコックの超大作を観ただけだが、本作がゴシック・ロマンというほどではないにしろ、暗さの質に共通点があるように思う。最後に場面をがらりと変えてあるところも似ている。

と、欠点と長所が入り乱れるが、やはりうまさが目立つので、評価は中の上か、上の下ぐらいか。

No.514 5点 スタイルズ荘の怪事件- アガサ・クリスティー 2016/09/22 13:33
記念すべきデビュー作。
ポアロシリーズの第1作でもあり、本作ですでにヘイスティングズが登場している。しかも、このヘイスティングズがなんともいえない良い味を出している。

意外な犯人モノで、読者に対するミスリードは心憎いほど巧みです。クリスティーらしさは全開です。
これは作者の技量にはちがいありませんが、他の名作群にくらべると、テクニック抜群という感じではなく、なんとなくの巧さによるもののようです。

文章が拙いという評者の方がおられましたが、たしかにそのとおりで、本作に限らずクリスティーはそもそも文章が巧くないのかもしれません。それに人物造形だってイマイチというところがあるように思います。
でも、ミステリー性とのバランスが抜群です。というか、文章や人物造形のマイナスポイントがミステリー要素を引き立てているようです。

No.513 6点 アリバイ崩し- 鮎川哲也 2016/09/09 10:27
5編とも、どうやってアリバイを崩すかに注力している。まさにタイトルどおり。
ただし、フーダニットという観点ではほとんど魅力なし。
個別には、4編目の『霧の湖』のラストの解決手段には拍手をおくりたい。短編らしくうまくまとめてある。
最終編の『夜の疑惑』は中編といってよく、プロットもそれなりに練られストーリーは変転がある。人物もそれなりに描かれている。ラストの落ちは仰天物ではあるが、短編レベルのあっけなさもあった。もっとページ数を割いてしっかりとした謎解き物にできそうにも思うが、これもまたよしだろう。

アリバイトリックは個人的には好みだが、一般的には地味で、いまではメイントリックとしてはあまり使われない。本書のような短編ミステリだからこそ生きる技だろう。
本書はエッセイが2編プラスされている。わずかだがお楽しみ度アップか?

No.512 8点 夜歩く- 横溝正史 2016/08/30 09:53
ミステリー性も十分、物語性も十分。
制作時期は1948,9年。名作群『本陣』『八つ墓村』『獄門島』『犬神家』『悪魔』などとおおむね同じ、脂ののったころ(1945年~1960年)に書かれています。
良作かと思いますが、やや印象が薄いのは、金田一の登場が遅く、事件周辺の(一人称の私を含む)関係者たちが主人公に見えてしまうからなのかもしれません。

事件が起こるまで多くのページが割かれていますが、その部分のサスペンスは申し分なしです。その前半で関係者の人物像を、種々の事象を交えながら描写し進めていく流れは、そこだけ読んでいても楽しめます。
そして、後半(特に金田一登場後)、登場人物だけを見れば前後で何も変わりませんが、舞台をがらりと変えたのは、読者を飽きさせない絶妙な(ある意味安直な)ワザだと思います。これぞ、ストーリーテラー・横溝という感じがします。

最大に評価できるのは、アリバイトリックやあの真相を含む本格色全般でしょう。あれだけあれば上記作品群に決して負けていません。ただ、いろんな意味で問題や疑問点のある作品ではありますが。

No.511 7点 オランダ靴の秘密- エラリイ・クイーン 2016/08/19 13:44
国名シリーズ第3作。
解決編はほんとうに素晴らしい。
一つ一つの事象、事実から論理的に解答を出し、事件を解決へと導いてゆく。個々のロジックは単純で地味ですが、それらがまとまれば派手に見えてきます。
個人的には、つながりのある、ある2つの伏線がかなり気に入っています。読者に気づかれても当たり前のような単純なものですが、美しさを感じます。

ただ、『フランス白粉』もそうでしたが、読者への挑戦状までのストーリーが一本調子です。
謎解きロジックを完璧にしようとするあまり、人を惹きつけるような話の流れを構築することに気が回らなかったのでしょうか。
本作後の国名シリーズは読んでいませんが、すくなくとも『X』や『Y』などのドルリイ・レーンシリーズは、もっと起伏に富んでいて、小説として絶賛できるような内容でした。

ということで、謎解きはすごいけど、物語としての面白味にやや欠ける、というのが最終評価です。
蟷螂の斧さんが紹介されているように、本作が本サイトでは高得点(現在、7.9)ながらも、東西ミステリーベスト100では(圏外)であることに納得です。
小説として万人向きではない、商業的にも成功し得ない、だから本書のような作品は今後、残念ながら出てこないのではと思います。

No.510 5点 仮面病棟- 知念実希人 2016/08/08 09:42
ピエロの仮面をつけ拳銃を持った強盗犯による立てこもりが、夜間の病院で発生。
院内に監禁されているのは、急きょ当直となった医師・速水、傷を負った若い女性、院長、女性看護師2名の計5名と、大勢の入院患者たち。

閉鎖空間で人質たちに襲い掛かってくる恐怖。夜が明けるまで、というタイムリミットサスペンス物でもある。
一気読み必至、というのはたしかにそのとおり。
場面がほとんど病棟の中なので退屈しそうだが、院内で発生するいろんな事象、事件をつなぎ合わせて読者を惹きつけようとするテクニックは抜群です。
登場人物が少なく、読者が人物で混乱することはなく、読みやすいのもよい。

作者は、どんでん返し一本で決めたかったのか、病院自体が怪しいことは初めのうちに自白しているし、裏の解説や『仮面病棟』というタイトルでもばらしてしまっている。
これは少しもったいない。少し引っ張ればいいのに、と思うのは素人考えなのか。タイトルがこのままでも、ピエロの「仮面」というミスリードも成り立つのになあ。
でもこれを隠せばちがった筋の話になってしまうのかなあ。
なお、みなさんもご指摘のように予想しやすいラストでした。

まずまずの出来だが、まだまだとも言える、そんな作品でした。

No.509 7点 真夏の方程式- 東野圭吾 2016/08/04 09:35
さすがの安定感。安心して読める。この作家さんの作品は、ほんとうにはずれがない。

湯川は玻璃ヶ浦滞在中に事件に遭遇する。被害者は元警視庁の刑事。
まず玻璃ヶ浦で知り合った少年・恭平との深交に魅かれた。子ども嫌いらしさゆえの恭平への接し方が自然でよかった。夏らしさもよかった。
一方の恭平は視点人物の一人。その心情、心境はやや子どもらしさに欠けるのでは、と思っていたが、案外こんなものだろう。むしろ小説のテーマに合っているようにも思う。

湯川、草薙の個別の捜査活動によって、徐々にあきらかになっていく事件の真相と背景。過去の人間関係がキーになるのはありがちだが、その流れと物語の組み立て方がうまい。犯人当てはどうでもよいと思っていたら・・・
そして、最後に魅せる適度なヒューマニズム。
湯川が大学の先生じゃなく、小学校の教師に見えた。

トリックは湯川物らしさがある。小学生レベルの理系トリックだが、かなり気に入っている。

個人の評価基準に照らせば6点だが、『容疑者X』よりも好きなので、この点数。

No.508 4点 シャーロック・ホームズ最後の挨拶- アーサー・コナン・ドイル 2016/07/28 10:04
どの作品も物語として退屈で、捻りもほとんどない。

突然、依頼が持ち込まれ、ホームズはすぐに現地に赴き、あっという間に奇想な話に急展開したり、とんでもない方向に進んだりする。
また、『緋色の研究』みたいに、主たる人物の過去の因縁話に及び、そして結びへと突き進む。

2,3の作品は、こんなホームズ物らしい定番の展開なので、安心感があっていいのだが・・・。
それでもせいぜい5,6点レベル。
全体としては『冒険』の1/3程度の面白さか。

ひとことで言えばネタ切れ。作者からすれば、ネタ切れではなく方向性を変えただけかもしれないが、今までが今までなので、読者にしてみれば期待を裏切られた感は当然ある。
まあ先入観なしに読めば多少は楽しめたのかもしれない。

1 2 3 4 ... 19