isurrenderさんの登録情報
平均点:6.66点 採点数:252件

TOPプロフィール高評価と近い人書評を見る

採点傾向好きな作家

1 2 3 ... 9
No.252 8点 十二人の手紙- 井上ひさし 2014/01/21 19:44
手紙という同じ形式で12もの異なるストーリを、しかもそれぞれに上質なミステリ要素を加えて編み出す点がさすが井上ひさし。

No.251 7点 リプレイ- ケン・グリムウッド 2014/01/21 19:42
時間ループ物のSF。
何度も何度も人生を繰り返す…というのはよくあるストーリーだが、この小説の面白いところは全く同じ時間を繰り返すのではないところ。
人生を幾度もリプレイするうちに自らの半生を振り返り、より哲学的な天啓を得る主人公というのはよくある展開ではあるが、それでも面白い。

No.250 7点 ベルリン飛行指令- 佐々木譲 2014/01/21 19:38
なんといっても主人公・安藤大尉がカッコ良い。
手に汗握る冒険小説で、ドキドキを味わうには最高の小説。

No.249 7点 チャイルド44- トム・ロブ・スミス 2014/01/21 19:34
なかなか馴染みの薄いスターリン体制化のソ連が舞台となった社会派サスペンス。
映画的な情景が浮かぶスリリングな展開が良い。

No.248 6点 ナイルに死す- アガサ・クリスティー 2014/01/21 19:29
クリスティらしい心理トリックだが比較的わかりやすい。
古典ミステリらしさではあるが、1件目以外の殺人は蛇足。
旅行物だけあってのんびりとした空間を味わうには満足の一冊。

No.247 7点 カラスの親指- 道尾秀介 2013/02/11 02:45
ミステリとしてはそこまでレベルの高い作品ではない。
コンゲーム物ということで古今東西に名作が多くあるため、それらと比較してしまうとやや落ちてしまう。
とはいえ、道尾はこのくらいのミステリ度合いの作品が一番おもしろい。

No.246 6点 マイナス・ゼロ- 広瀬正 2013/02/11 02:42
ミステリとしては評価しがたい。
タイムトラベル物のSF作品としては素晴らしい出来だと思う。
昭和初期の世界に自分もタイムトラベルしたようなまさに旅行気分をも味わえる、そんな作品。

No.245 7点 Another- 綾辻行人 2013/02/11 02:39
ホラーミステリとしてはかなり良い出来なのは間違いない。
やや伏線が目立ちすぎていて、見破られやすいトリックにはなっているが、それでも面白かった。
超自然的自然現象がなぜ起こるのかという部分に対しても理論的な解決がなされるのかと思っていたので、その点でややがっかり。

No.244 6点 麦酒の家の冒険- 西澤保彦 2013/02/11 02:35
ビールが飲みたくなるミステリーとしてはピカイチ
だが、まあミステリにそんな要素はさほど求めていないわけで(笑)

No.243 6点 生ける屍の死- 山口雅也 2012/11/06 22:58
変わった設定が面白いが、そういう設定になったが故にトリックが読めてしまうところが残念

No.242 6点 ワイルド・ソウル- 垣根涼介 2012/05/31 07:29
映画のような展開で、ドキドキハラハラな面白さを味わえました
もう少しミステリ的な捻りがあると良かったですね

No.241 7点 13階段- 高野和明 2012/05/31 07:26
ミステリの部分のみの評価を。
スリリングな展開に、どんでん返しのある結末でなかなか楽しめました。

No.240 5点 シャム双生児の秘密- エラリイ・クイーン 2012/05/31 07:23
山火事によるCCものですが、日本のCCと比べ登場人物たちは特にパニックになることもなくのんびりしているのが印象的です
トリックもそこまで機転の効いたものではないと思います

No.239 8点 過ぎ行く風はみどり色- 倉知淳 2012/04/29 16:15
予想以上に良かったです

ややネタバレになりますが、
叙述がどう事件に結びつくか、面白かったです
解決編で明らかにされていった伏線も素晴らしかったと思います
ただ、若干猫丸先輩自身が述べているように、ご都合主義的部分を感じるのが残念ですね

No.238 6点 あきらめのよい相談者- 剣持鷹士 2012/04/12 00:28
いわゆる安楽椅子探偵もの
4話目の「あきらめの悪い相談者」はパット・マガーのオマージュ作品で、なかなか良いと思います

No.237 8点 ラットマン- 道尾秀介 2012/03/14 17:42
いかにも道尾らしい作品
ストーリーもトリックも道尾作品の中では上位に位置づけされるべき作品だと思う

ラストの解決部分での怒涛の展開はとても驚かされた

No.236 7点 荒鷲の要塞- アリステア・マクリーン 2012/03/14 13:54
解説によると、映画化を前提として書かれた作品らしく、そのめまぐるしい展開はまさに映画向き
スパイが難攻不落の要塞へどう侵入しどう脱出するのか
スリリングな展開の一方、海外作品らしいユニークな台詞が面白いです

No.235 7点 鬼の跫音- 道尾秀介 2012/03/09 23:08
ホラーミステリ。
全ての作品が最後にひとひねり加えたラストが用意されていて、期待していたよりどれも高い水準でした。
個人的には「鈴虫」「箱詰めの文字」「悪意の顔」が良かったです。

No.234 7点 血みどろ砂絵- 都筑道夫 2012/03/09 00:44
江戸が舞台となるミステリ
トリックは秀逸ですが、それ以上に単に犯人を捕まえることが結末でないところが面白かった
探偵役が犯人をゆするなんて斬新すぎます(笑)

No.233 7点 タイム・リープ あしたはきのう- 高畑京一郎 2012/02/26 14:44
SFですが、伏線の張り方が非常によくミステリファンも楽しめると思います

No.232 7点 花の下にて春死なむ- 北森鴻 2012/02/25 22:20
連作短編集ですが、どれも高水準
日常の謎のジャンルに入るのだと思いますが、それにしては殺人事件を扱ったものが多いのも特徴だと思います

No.231 5点 虐殺器官- 伊藤計劃 2012/02/17 23:55
優れたSF作品は、ミステリとしても優れていることが多い
でも、この作品に関して言えば、SFとしては面白かったがミステリとしてはさほど評価できないかな

No.230 6点 さよなら妖精- 米澤穂信 2012/01/30 23:57
ミステリとしてはそこそこといったレベル
ややチープなラストの主人公の衝動が興醒めしたが、やるせない気分にさせられるところはさすが人気作家といった印象

No.229 8点 奪取- 真保裕一 2012/01/30 23:55
『スティング』のような知的でスリリングで楽しめる作品
落ちまで満足できる良作です

No.228 6点 金雀枝荘の殺人- 今邑彩 2012/01/07 16:40
サスペンス色が強いのですが、密室や見立ての部分は悪くないです
ただ「ネバーエンディング」は言い過ぎなような…

No.227 6点 謎解きはディナーのあとで- 東川篤哉 2012/01/07 16:38
読みやすい作品ではあったが、ミステリとしては中の上の出来
法月の短編集の質を少し悪くしたといった印象

No.226 8点 エニグマ奇襲指令- マイケル・バー=ゾウハー 2011/11/27 23:26
面白かった
ルパンそっくりの主人公が非常に魅力的
ミステリとしては「パンドラ抹殺文書」の方が上だと思うが本作も秀逸な出来だと思う

No.225 5点 閉鎖病棟- 帚木蓬生 2011/11/27 23:25
小説としては大満足
だが、ミステリではない
だからこの点数

No.224 3点 深紅- 野沢尚 2011/11/24 20:07
トリックだとか驚きの展開とかいうものは一切なかったです
普通の小説としての評価も、僕としてはそこまで高くないです

No.223 7点 見えないグリーン- ジョン・スラデック 2011/11/24 20:06
海外小説なので若干話に入りにくい部分はありましたが、ユーモアもあり面白い展開でした
論理的な解決も非常に良かったと思います
ほんのわずかですが、日本と関連した部分も出てきて日本人の読者として嬉しかったです

1 2 3 ... 9