toyotamaさんの登録情報
平均点:6.69点 採点数:52件

TOPプロフィール高評価と近い人書評を見る

採点傾向好きな作家

1 2
No.52 7点 火刑法廷- ジョン・ディクスン・カー 2011/10/13 18:02
読んでるあいだ、また読み終わった直後、
「なんだこの話?」
って思ったんですけど、なんか後を引くような話でしたね。
たぶん、再読すると違った感想になると思います。

No.51 9点 すべてがFになる- 森博嗣 2011/10/03 12:47
犯人はともかく、トリックはすぐ判りました。
それが理系の私だからなのかどうかは、わかりませんが・・・。

20代でデビューした人たちと比べて、文章が成熟していて、読みやすい。やはり、論文執筆などの経験が大きいのでしょうか。
大学のゼミなどの描写も非常にリアル!

No.50 7点 歯と爪- ビル・S・バリンジャー 2011/04/07 19:36
なんでここで袋とじ?
って思いましたが、すぐ次のページに裁判シーンと独白シーンを結ぶ謎が出てたんですね。
被告の正体を包み隠して進めてるんでしょうが、扉の解説文の書き方を考えてくれないと、謎が薄くなる。

No.49 6点 グッドバイ 叔父殺人事件- 折原一 2011/04/07 19:27
普通に読めば折原ワールドに引き込まれるところ、題名を見ちゃうとオチがわかっちゃう。
それともあえてこの題名にしたんだろうか?

No.48 7点 暁の死線- ウィリアム・アイリッシュ 2011/02/03 18:03
捜査がうまく行き過ぎる感はありますけど、サスペンス感があって一気に読み通せる作品だと思います。

No.47 6点 螺旋館の殺人- 折原一 2011/02/03 17:56
折原作品は、「絶対何かある」と思って読んでしまうから、ラストのどんでん返しで「アッ」と感じることが減じてしまうのが難点ですね。
分かりやすいので折原作品に初めて触れる人には、いいテキストかもしれません。

No.46 5点 ブラウン神父の童心- G.K.チェスタトン 2011/02/03 17:51
最初の一編がいちばん面白かったが、なんか尻すぼみと感じました。
トリックの創出は凄いのかもしれないけど、小説として考えると私には合わないかもしれません。

No.45 7点 笑う警官- マイ・シューヴァル&ペール・ヴァールー 2010/12/23 16:55
アメリカの警察ものに比べると、ちょっと日本的ではありますね。
犯人が登場人物表に載ってないのも警察小説的です。
それをアメリカは地下鉄を舞台にした映画を作っちまった。

No.44 8点 ケンネル殺人事件- ヴァン・ダイン 2010/12/09 18:26
死者を撃ち殺す男、殺したはずの男をもう一度殺す男、殺したつもりなのに殺された男。
なんか「シンデレラの罠」の紹介文みたいだ。

No.43 9点 エジプト十字架の秘密- エラリイ・クイーン 2010/12/09 18:18
この展開だとこの人が犯人かもなあ、というのはなんとなくわかるんだけど、何度「あ、やっぱり違うのか」と思ったことか。
国名シリーズは「創元推理文庫」と「ハヤカワミステリ文庫」で半々に読んだんだけど、何か違う作家のような気がする。
どうやら、評判の良い作品群がハヤカワに偏ったようです。
最後のシカゴまでの追跡シーンはハラハラドキドキでした。

No.42 10点 九尾の猫- エラリイ・クイーン 2010/12/09 18:08
「エジプト十字架」のラストの追跡劇でもそうだが、私はどうやら本格物が好きなくせに、サスペンスフルなものにワクワクする傾向にあります。
そういう意味ではこれは最高でした。
というより、今まで読んだクイーンものとは違うとも思いましたね。
ただ、あの動機でこんなに連続殺人ができるものか、と。

No.41 5点 ロシア紅茶の謎- 有栖川有栖 2010/12/09 17:57
子供向けのクイズ付探偵小説、
って感じがした。

No.40 7点 白昼の悪魔- アガサ・クリスティー 2010/12/03 07:55
kanamoriさんも書かれてますが、舞台設定を思い出そうとすると、ブランドの作品の挿絵を思い出してしまう。

No.39 8点 予告殺人- アガサ・クリスティー 2010/12/03 07:50
話の筋が他の作品と同じようになりがちですが、やっぱり良く出来てると思います。

No.38 6点 生首に聞いてみろ- 法月綸太郎 2010/12/03 07:24
構想が学生時代と仰ってますので、そこに拘りすぎたためかちょっと話が古いイメージがあります。
当時と違っているのは、携帯電話の普及だと思われ、それを多用した感は否めません。

No.37 7点 遠きに目ありて- 天藤真 2010/11/29 13:36
結構犯人を見逃してますね、警部さん。

No.36 6点 エッジウェア卿の死- アガサ・クリスティー 2010/11/25 15:16
ハヤカワの「エッジウェア卿の死(Lord Edgware Dies)」と新潮の「エッジウェア卿殺人事件」はまあいいですけど、
知らない人は創元の「晩餐会の13人(Thirteen at Dinner)」は別ものだと思って、ダブっちゃわないかなぁ。
実は「大空の死(創元)」、「雲をつかむ死(ハヤカワ)」の新潮版の邦題は「マダム・ジゼル殺人事件」だったりします。

No.35 6点 黄色い部屋の謎- ガストン・ルルー 2010/11/25 15:05
出典がわからないまま、
長いことフレデリック・ラルサンという名前が頭にこびりついていた(笑)。
再読して思い出しました。

No.34 9点 皇帝のかぎ煙草入れ- ジョン・ディクスン・カー 2010/11/25 15:02
カーの作品はこのくらいの長さがいい。
たしかに、思い込んでしまったらこういう錯覚は起こしそうだ。

No.33 5点 眩暈- 島田荘司 2010/11/18 04:56
御手洗の推理がズバズバ的中する前半というのは、読み応えがあるんだけど、真相を言い当てたあと、残りのページからみて、ドンデン返しを考えた読者もいたはず。。
手記の再掲は飛ばしちゃったなぁ。

No.32 5点 ビロードの悪魔- ジョン・ディクスン・カー 2010/11/18 04:52
殺されるのを阻止するために過去へ行ったのだけれども、その行為自体が歴史に組み込まれていた、ということだろうか。
とにかく悪魔とのやりとりのシーンが、「デスノート」の一場面として思い浮かんでしまうのにはまいった。

No.31 6点 暗黒館の殺人- 綾辻行人 2010/11/11 18:16
しまった!
「館シリーズ」
これを最初に読んでしまった!
あとになって、そういう感想でした。

No.30 9点 囁く影- ジョン・ディクスン・カー 2010/11/11 18:11
カーの作品は結末が見事でも、そこに行くまでに退屈させられてしまう。
そういう意味ではこの作品の長さに満足!
実際、後半は一気に読み通すだけの緊迫感はあったと思います。

No.29 6点 - F.W. クロフツ 2010/11/11 18:01
いかにもデビュー作という感じ。
出だしがスリリングで、樽の追跡のシーンは手に汗握る展開であったのだが、だんだん尻すぼみになった感は否めない。
前半が良すぎたのが仇になったかもしれない。

No.28 5点 カナリヤ殺人事件- ヴァン・ダイン 2010/11/11 17:56
テープじゃなくてレコードってのがすごいかな。
今より先端技術のイメージがありました。

No.27 9点 葬儀を終えて- アガサ・クリスティー 2010/11/11 07:29
物語の始まるところから仕掛けられたトリックはさすがクリスティ。
大富豪とその家族という物語が多い中、動機や犯人の設定もいろいろやってくれます。

No.26 6点 夜歩く- ジョン・ディクスン・カー 2010/11/11 07:24
デジタル時計の無い時代に、12秒に全てを賭ける、ってのもよく考えたというか、危なっかしいというか。。
しかしながら、この時代のトリックとしてはよく考えられていると思いました。
むしろ、入れ替わりの方が、メイントリックですかね。

No.25 7点 毒入りチョコレート事件- アントニイ・バークリー 2010/10/28 08:25
シェリンガムの方が主役なのか、チタウィック氏が主役なのか、どっちなんでしょうねぇ。
「トライアル&エラー」を先に読んだ当方は、チタウィック氏重視で読み進めていたんですが・・・。
チタウィック氏の言動が、ダメおやじを思い起こさせる(笑)

No.24 6点 愛国殺人- アガサ・クリスティー 2010/10/26 17:27
最後のほう、めまぐるしい展開で楽しめたはずなんだけど、ややこしくて難しすぎる。
Aという名は世を忍ぶ仮の姿、実はBという名であって、その正体は実はC、というのは海外の名前だとなかなか理解が困難。

No.23 6点 暗闇坂の人喰いの木- 島田荘司 2010/10/26 17:20
途中まではワクワクして読んでましたが、最後のトリックにあ然。
推理小説の場合、理論的にOKなトリックであれば、実際に行うことが困難でも良しと考えてますが、これは「斜め屋敷」や「奇想、天を動かす」よりも漫画チックなトリックだと思いました。
いっそのこと、大楠が喰っちゃった、って方がよかった気も・・・

1 2