蟷螂の斧さんの登録情報
平均点:6.00点 採点数:1160件

TOPプロフィール高評価と近い人書評を見る

採点傾向好きな作家

1 ... 34 35 36 37 38 39
No.110 4点 幸福な朝食- 乃南アサ 2012/01/10 21:28
第一回日本推理サスペンス大賞の優秀作となったデビュー作。1996「凍える牙」で直木賞を受賞した時のコメント~「自分では、ミステリーを書いているという意識はない。私は『人間』を書いていきたい」~とのとおり、本作もミステリー度は低く、独身女性の孤独、狂気を描いたものでした。ミステリー度よりこの評価となりました。

No.109 4点 - 乃南アサ 2012/01/10 21:27
偏見かもしれませんが、「人間を描きたい」と言っている作者の作品は、ミステリーとしても小説としてもあまり面白くありません。他の何人かの作者も同様な感じで、心をうたれる作品には、まだ出会っていません。本作は兄妹愛を描こうとしているのですが・・・

No.108 7点 殉教カテリナ車輪- 飛鳥部勝則 2012/01/08 13:32
絵画の謎と、二重密室殺人が組み合わさって、面白く読めました。プロローグ「私は豪徳二を殺した。理由はない。私は佐野美香を殺してしまった。理由はない。」は謎めいて気に入っています。画家の「手記」の仕掛け、伏線も面白いと思いました。

No.107 5点 重力ピエロ- 伊坂幸太郎 2012/01/08 13:29
ミステリー度は低く、家族物語として読んだ方がよいと思いました。それは、事件の真相を知ったと思われる、血の繋がりのない父親が、息子に「おまえは俺に似て、嘘が下手だ」というあたりに集約出来そうです。

No.106 3点 ラッシュライフ- 伊坂幸太郎 2012/01/08 13:29
ミステリー度はほとんどなく、結局何の小説なのだろう?作者の意図(ラッシュライフ=豊潤な人生)がよく解りませんでした。

No.105 8点 影の車- 松本清張 2012/01/06 16:14
邦画ミステリー(マイベスト2位)の「影の車」<1970加藤剛氏、岩下志麻さん主演>は、本作品の中の「潜在光景」(1961)が映画化されたものです。子供(6歳)の悪意が見事に描かれています。短編なので重厚さの点で若干物足りなさはあります。本作の前に発表された「天城越え(1959)<「黒い画集」に収録>も名作ですが、主人公の少年は16歳でしたので、私的には本作の方が強烈な印象があり、好みです。

No.104 5点 殺人方程式- 綾辻行人 2012/01/05 08:53
解説にあるとおり、同年発表の「誰彼」(法月綸太郎氏)との比較が面白いと思います。題材が「新興宗教」「教祖の殺害」「首なし死体」「エレベータ」「双子」など共通事項が多いことです。本作の物理トリックは、それほどの驚きはありませんでしたし、犯人の意外性も同様でした。

No.103 5点 奪取- 真保裕一 2012/01/05 08:51
自分のミステリー概念の範疇外の作品として、面白く、印象に残っているものに「白昼の死角」や「大誘拐」があります。本作も同様の位置づけとなり、このサイトでの評価は5となりました。ラストは「スパイ大作戦」を彷彿させるシーンもあり楽しめました。

No.102 6点 シャーロック・ホームズの事件簿- アーサー・コナン・ドイル 2012/01/04 16:16
(ネタばれ)収録中の「ソア橋事件」(1922)が後の名作「そして誰もいなくなった」(1939)「本陣殺人事件」(1946)に応用されている点でオリジナリティが高く、敬意を表したいと思います。短編なのであっさりしていて残念ですが、トリックの発想(機械的なものでなく真相)はマイベスト1です。

(2015.5.17編集)トリックの元ネタや先駆的作品を調べていたところ、ヨーロッパにおける”犯罪学”の創始者ハンス・グロスによる「予審判事便覧」より、実際にあった事件を参照している旨判明。よってオリジナリティについては取り消しし、再評価しました。(9点→6点に変更)

No.101 4点 探偵映画- 我孫子武丸 2012/01/04 16:14
作中のスタッフは監督に騙されたわけですが、読者はいったいどうなんだろう?よく解りません。

No.100 8点 本陣殺人事件- 横溝正史 2011/12/30 23:43
100冊目の書評は邦画ミステリーで印象に残っているうちの一つである本作<(1975)田村高広主演>としました。密室ではなく、メイントリックの発想がよいと思っていたのですが、「○○橋事件」を参考としているとのことで、少し残念な気持ちがあります。

No.99 6点 生首に聞いてみろ- 法月綸太郎 2011/12/30 23:41
洗練されたストーリーであると思いますが、ヒロインの扱いに物足りなさがあると感じました。

No.98 7点 慟哭- 貫井徳郎 2011/12/30 23:40
騙されたいと思いながら読むので、途中でオヤッと感じても流します。従ってラストは驚きがありました。題名もラスト一行に込められており秀作だと思います。

No.97 6点 弥勒の掌- 我孫子武丸 2011/12/30 23:39
ベテランの刑事(強者)と高校教師(弱者)の対比は面白い。関係ないと思われる二人がやがて一つに結びついてゆく。ラストは悪徳刑事らしさがでていて好みです。

No.96 9点 炎に絵を- 陳舜臣 2011/12/30 11:48
地味な小説と感じましたが、大胆なトリックが使われています。二重三重のどんでん返しもあり傑作だと思います。題名の意味は最後の最後に判明します。著者の作品は数十年前5,6冊読んでいましたが、本作品は未読でした。本サイトに感謝します。

No.95 3点 びっくり館の殺人- 綾辻行人 2011/12/30 11:45
子供向けだから致し方ない評価となります。

No.94 5点 誰彼- 法月綸太郎 2011/12/29 20:30
法月綸太郎の推理がことごとく外れ、もどかしい気持ちになります。ただ推理の一部は当たっていたりするので混乱しました。本作は最初から双子の兄弟がいることが解っているので、安心して読むことができました。最後に実は双子がいたとか、似ている人がいたというオチがあるとがっかりするものです。密室エレベーターは乱歩氏からの引用である旨、先人に敬意を。

No.93 4点 ボトルネック- 米澤穂信 2011/12/29 20:28
ミステリーというより青春小説として読んだ方がよいのかも。といっても青春のほろ苦さもあまり感じられなかった。「インシテミル」を先に読んでいるので、作風がまったく別物で少し肩透かしの感じがしました。

No.92 4点 向日葵の咲かない夏- 道尾秀介 2011/12/27 15:29
不思議な世界で、風変りなミステリーというのが印象です。動機、被害者の訴え、探偵役の行動など何故???が多く、よく理解できませんでした。

No.91 4点 サウスポー・キラー- 水原秀策 2011/12/27 15:26
第3回「このミステリーがすごい!」大賞受賞作ですが、ミステリー度は低く、ハードボイルドになるのでしょうか?。野球ファンには面白いかもしれませんが、私はハードボイルドも野球も弱いので、この評価となりました。

No.90 6点 薔薇の名前- ウンベルト・エーコ 2011/12/27 15:21
映画(1986)ショーンコネリー氏主演を3度ほど観ているがよく理解できていない。歴史・キリスト教に疎いためである。本書は、哲学書のようであり、聖書の引文もかなりあり難解である。(ネタばれ)ミステリーとしては、秘密の書に、ある仕掛けがほどこしてあり、それにより殺人が起こるもので、その点はユニークで評価できる。

No.89 5点 ガラス張りの誘拐- 歌野晶午 2011/12/21 18:51
親心(刑事)、子(娘)知らず。その後、この親子はどうなったのでしょうか?誘拐事件でマスコミ(TV)を巻き込むものは、今まで読んだ中で「大誘拐(1978)」「模倣犯(2001)」「犯人に告ぐ(2004)」がありましたが、ミステリー度は本作品(1990)が一番高いと感じます。

No.88 5点 よく見る夢- シドニー・シェルダン 2011/12/21 18:46
3人のOLが、ある糸で結ばれている。やがて殺人事件が起こり、あるOLが逮捕される。そして裁判へと・・・。題材は好みでなかったのですが、テンポよくスラスラと読めました。ラストで彼女がルンルン気分で出かけるシーンが印象的でした。

No.87 7点 災厄の紳士- D・M・ディヴァイン 2011/12/19 20:34
物語の構成が面白かった。前半は結婚詐欺(喜劇っぽい展開でテンポがいい)、後半は殺人事件。急にミステリーとなりますが、まったく犯人が解りません。解決編での犯人判明には驚きがありましたが、それに至る過程(指紋うんぬん)にはあまりピンときませんでした。フーダニットがうまいと思います。

No.86 6点 ウォリス家の殺人- D・M・ディヴァイン 2011/12/19 20:33
フーダニットは、優れていると思いますが、大がかりなものはなく、物足りなさを感じました。作風だから仕方ないと思いますが・・・。謎解きを楽しむには良いと思います。

No.85 5点 悪魔はすぐそこに- D・M・ディヴァイン 2011/12/19 20:32
大がかりなトリックが好きなので、本作者の作品は、読み終わった後どうしても筋書きの印象(後に残るかどうか)が薄くなってしまいます。読んでいるときはページが進み面白いと思います。

No.84 6点 Rommy- 歌野晶午 2011/12/11 18:36
著者の転機になる作品らしいのですが、今一つROMMYに感情移入ができませんでした。それは、ROMMYの隠された真実に要因があるような気がしています。単なる好き嫌いの問題ですが・・・。ミステリーとしては面白いものでした。

No.83 9点 連続殺人鬼カエル男- 中山七里 2011/12/11 18:31
著者のインタビューにある「一気読み、どんでん返し、最後の一行で驚いてもらう」の通り、再三のどんでん返しがあり、大変満足です。背景には刑法39条が流れており、ストーリー的に面白い。ただ、エログロ描写もかなりあります。マイナス要素は、警察での暴動シーンで、余分のような気がします。

No.82 5点 リピート- 乾 くるみ 2011/12/09 17:19
裏表紙の「リプレイ」+「そして誰もいなくなった」のとおり、SF+ミステリーと思いますが、主人公の恋愛が主とも思えます。人生での二者選択を迫られ、悩んだ末、一方を選ぶがその結末は?果たして正解だったのか?ということでしょう。

No.81 6点 暗闇坂の人喰いの木- 島田荘司 2011/12/08 16:12
過去の事件と現在の事件の繋がりが徐々に判明し面白く読めた。また、おどろおどろした雰囲気がよく出ていたと思う。メイントリックは残念ながら肩透かしを食らった感じです。「巨人の家」の謎が、御手洗にもその場で解けず、こちらの方が謎としては面白かった。

1 ... 34 35 36 37 38 39