いいちこさんの登録情報
平均点:5.90点 採点数:352件

TOPプロフィール高評価と近い人書評を見る

採点傾向好きな作家

1 2 3 ... 12
No.352 6点 毒を売る女- 島田荘司 2017/09/22 19:44
サスペンス作品の揃った短編集。
本格長編のような壮大なプロットと驚愕のトリックはないものの、サスペンスフルな展開と意外性に満ちた真相が光っている。
小粒ではあるものの、一読の価値のある佳作

No.351 4点 赤い帆船(クルーザー)- 西村京太郎 2017/09/22 19:43
ハリウッド的なビジュアル映えするプロットではある。
しかしながら、プロットから真犯人が容易に推定できる点、犯行プロセスが綱渡りすぎるうえに、サプライズに乏しい点、犯行プロセスが論理的に特定されておらず、真犯人の自供に頼っている点で、評価することはできない

No.350 6点 本格篇「眼中の悪魔」- 山田風太郎 2017/09/22 19:41
本格編と銘打っているものの、ロジックの堅牢性やトリックの妙よりも、登場人物の内面に迫る心理描写に重点が置かれている作風。
真相は比較的予想しやすい作品が多く、サプライズには物足りなさが残るものの、手記を利用したメタフィクショナルなアプローチを多用するなど、新本格にも繋がる先駆的なプロットで古さを感じさせなかった。
大きな外れがなく水準以上の作品が揃っている点も評価

No.349 2点 QED 百人一首の呪- 高田崇史 2017/09/05 09:28
織田正吉の「絢爛たる暗号-百人一首の謎を解く」を既読の立場としては、この画期的な考察をベースに、さらなる新説の展開に期待していたのだが、著者のオリジナリティは百人一首が曼荼羅状に配置されているということだけで、それを成立させるにあたっては強引さも目立ち、何より面白みが感じられない。
これでは客観的に見ても「コピー」との誹りを免れないだろう。
一方、作風として著者が京極夏彦をめざしていることは明らかであるが、京極作品の凄味は一見して無関係と思われる事件や知見が収斂して、事件の核心を示唆する点にあるところ、本作は百人一首にかかる考察と殺人事件の解明が全くリンクしていない。
また、五芒星はじめ、叙述が親切すぎて、あるいは謎の底が浅すぎて、読者にすぐに看破される箇所も散見。
ミステリとしては、幻覚のような飛び道具を使用し、かつ真犯人が意図せざるサヴァンの存在をもって、偶然に不可能犯罪となったものであり、全く評価に値しない。
本作を読んで百人一首の謎に興味を持ったみなさまには、織田正吉の作品をご一読されることをお勧めする

No.348 6点 白昼の悪魔- アガサ・クリスティー 2017/09/05 09:25
トリックは平凡であるものの、それを支える伏線・ディテールの巧みさに、確かな構成力が感じられた。
犯行動機に納得感が感じられないのが残念

No.347 4点 六枚のとんかつ- 蘇部健一 2017/08/28 16:50
本サイトのみならず、各処で酷評されていることを承知したうえで読んだからかもしれないが、アプローチ自体は想像以上に「本格」である印象。
トリック・真相が極めて安易・平易で、ミステリとは言えない不出来な作品もある一方で、水準に達している作品が散見されるのも事実。
叙述は非常に平易でスマートであり、下ネタや下世話なネタが多いにもかかわらず、それほど下品な印象を与えない点も好感。
各短編のミステリとしての核・スケールの小ささを考えると、さすがにこれ以上の評価は難しいものの、「ゴミ」という印象は受けなかった

No.346 3点 三崎黒鳥館白鳥館連続密室殺人- 倉阪鬼一郎 2017/08/24 19:10
ミステリとしては持ち前の奇想で読者の期待に一定程度応えているが、やや無理も感じる点で画竜点睛を欠いている印象。
テキスト自体への仕掛けは、その前提としてメタフィクショナルな構成を採用するなど、よく考えられているのだが、着想自体が過去の有名作品の二番煎じであり、それが存在することによって作品が面白くなっている訳でもない。
しかし何よりも問題なのは、バカミスとしての趣向が著者の他のバカミス作品と全く同一である点。
著者のバカミスを初めて読んだ読者以外にとっては、サプライズが極めて乏しいし、そのアイデアを高く評価することもできない。
したがって、世評では「新世界崩壊」より本作の方が相当に上らしいが、私にとっては最初に読んだ「新世界崩壊」の評価に遠く及ばない

No.345 5点 64(ロクヨン)- 横山秀夫 2017/08/23 10:45
著者の各作品は、組織の論理に対する個人の葛藤を延々と抉り出す内面描写が特色であり、それが作品の奥行きに繋がってきたし、私自身も愛読してきた。
しかし、本作では叙述があまりにも演出過剰であり、かつボリュームもやたら多く、いくら何でもクドすぎる。
過剰な情感を込め、著者はお涙頂戴に盛りあがっているのだが、私には大袈裟な表現・演出に映り、シラけて置いてけぼりになってしまった。
読んでいて疲労感を感じるし、作品の余白にも乏しく、何よりリアリティ・臨場感が感じられない。
ミステリとしては、犯人特定のプロセスがあからさまに無理筋であり、主人公の娘の失踪が結果として当該プロセスを成立させるためだけのご都合主義的な設定に終わってしまった点でも減点。
散々批判したものの、作品全体としては一定の水準に達していることも事実だが、期待外れの印象も強く、本サイト上における毀誉褒貶の激しさも、さもありなんという印象

No.344 7点 マドンナ- 奥田英朗 2017/08/19 16:24
企業の中間管理職を主人公に配し、会社や家庭におけるドタバタをコメディタッチに描いた短編集であり、いずれの作品も純粋に読物として面白いのだが、それだけに止まらない。
「ダンス」では「個の尊重」と「協調性」の両立、「総務は女房」では主人公の硬直した価値観・倫理観に起因する葛藤、「ボス」では女性の上司を持った男性管理職の悲哀・憤慨等、各短編の主題に著者の高い先見性と今日的な問題意識が活かされていて、実に見事。
人間観察眼の確かさと人物造形の巧みさもあいまって、誰もが共感できる、実に読ませる作品に仕上がっている。
会社人間・仕事人間と、その家族にとって必読の作品と言えよう

No.343 7点 十五少年漂流記- ジュール・ヴェルヌ 2017/08/19 16:17
明快で完成度の高い舞台設定・プロット、登場人物の配置の妙などもさることながら、勤勉・勇気・思慮・熱心があれば、いかなる困難にも打ち勝つことができるとのメッセージが強く印象に残る佳作

No.342 5点 邪魅の雫- 京極夏彦 2017/08/08 16:49
本シリーズは、これまで「やたら長いが無駄はない」計算された構築美に見どころがあったが、近作はいずれも完成度が低下し、「やたら長くて無駄が多く感じる」。
とりわけミステリとしては、真相解明が論理的とは言えない点に加え、その核が小さい割りには事件・登場人物のいずれもが、余りにも多すぎる。
読物としての主題のまとめ方には唸らされる面もあるが、真犯人(?)の人物造形が魅力に乏しい点も大きな減点材料

No.341 7点 夢幻花- 東野圭吾 2017/07/26 16:19
例によってミステリとしては水準程度の作品であり、読者がロジカルに到達できない真相から、本格としては水準にも達していない。
しかし、一見無関係と思われる細かな伏線を余すところなく回収し、「負の遺産」というテーマに収斂させていくプロットの完成度、明快な叙述によるストーリーテリングの高さは抜群。
主要登場人物がことごとく過去に挫折した経験を持ちながら、懸命に生きていく姿は、逆境に立ち向かう読者へのエールとなっており、読後の印象も極めて爽やか。
著者の実力が遺憾なく発揮された佳作であり、作品のデキには文句はないのだが、著者には「良質な量産品」の域を超える「畢生の本格ミステリ」を書いてもらいたいところ

No.340 5点 スイート・ホーム殺人事件- クレイグ・ライス 2017/07/25 11:41
ミステリとしては水準程度。
ホームコメディタッチのミステリとして良さが感じられる作品だが、例によって直訳一辺倒の翻訳(特に指示代名詞)がリーダビリティを大きく減じており、損をしている印象

No.339 5点 裏口は開いていますか?- 赤川次郎 2017/07/20 15:08
ブラックコメディタッチのホーム・サスペンス小説で、ミステリとしてはご都合主義というよりも、予定調和的すぎて見どころに乏しい。
ただ、倦怠期を迎えた中年夫婦のW不倫、金銭の詐取を狙った誘拐と詐欺、若い娘の四角関係への苦悩等、新鮮味に乏しい題材やアイデアを、明解なプロットと軽妙なタッチで見事に料理。
リーダビリティは抜群で、著者の筆力の高さが発揮された作品

No.338 5点 百万ドルをとり返せ!- ジェフリー・アーチャー 2017/07/17 17:56
サプライズに乏しいプロットもさることながら、優秀な詐欺師とされるメトカーフを次々と陥れる4人の計画が、非合理的なうえに極めて稚拙かつ乱暴という、ミステリとしての作り込みの甘さが致命的であろう。
単純明快でキャッチーな主題と、登場人物の造形・描写に見どころはあるものの、コン・ゲーム小説の傑作との世評には賛同しかねる作品

No.337 4点 神津恭介、密室に挑む: 神津恭介傑作セレクション1- 高木彬光 2017/07/09 16:09
特に「妖婦の宿」「影なき女」の2作が世上高く評価されている短編集。
無理と無駄の少ない筋肉質なパズラーという作風には好感が持てるのだが、やはり古い。
新本格以降のミステリを渉猟してきた立場としては、退屈に近い古さと言わざるを得ない

No.336 3点 龍臥亭事件- 島田荘司 2017/07/03 16:18
ミステリとしてはご都合主義を超えて、もはや空想的と呼ぶべきレベル。
津山事件の描写には、作者の高い筆力が反映され、日本論・日本人論として見るべき部分もあるのだが、参考文献を無批判にコピーしているとも考えられ、作者の作品として評価することはできない。
また、本作の性格に照らして、ボリュームが多すぎるのも大きな難点。
以上、作品として読ませる部分もあるのだが、その評価は批判的にならざるを得ない

No.335 6点 海底二万里- ジュール・ヴェルヌ 2017/07/03 16:17
隙のない博物学的なガジェットが、本作の舞台設定に相当なリアリティを付与しており、1個の作品世界を構築する力は大いに買うところ。
一方で、そのボリュームが多すぎることが、ストーリーテリングのダイナミズムの喪失と、プロットの曖昧化を招いている印象が強く、惜しい作品

No.334 8点 八十日間世界一周- ジュール・ヴェルヌ 2017/07/03 16:15
まず、80日間で世界を一周できるかというキャッチーなプロットが抜群。
世界各地の興味深い習俗・文化に関する描写、各処で勃発するトラブルがもたらすスリルが本作に華を添えている。
スピーディな展開による高いリーダビリティと、ラストの痛快な逆転劇も実に見事。
狭義のミステリに該当しない作品としては最高級の評価で、万人が一読すべき傑作

No.333 3点 ミステリアス学園- 鯨統一郎 2017/06/20 15:50
本作の執筆意図からミステリとして評価するつもりはないのだが、ミステリ入門書としては紋切り型で踏み込みが浅すぎるし、メタミステリとしては自己満足でしかないという印象

No.332 5点 ふたたび赤い悪夢- 法月綸太郎 2017/06/16 21:57
ご都合主義と評価するまでの悪質性はないものの、人間関係の設定や、登場人物の行動等にかなり無理があり、リアリティが感じられない。
また、ハッピーエンドの到来が、早々に、かつ濃厚に漂っていて、緊迫感に乏しい点でも減点。
悪い作品ではないものの、水準には達していない

No.331 6点 鷲は舞い降りた- ジャック・ヒギンズ 2017/06/09 10:41
壮大かつシンプルな、よい意味での、いわばハリウッド映画的なプロットと、魅力的な登場人物を描く筆力は評価。
一方、翻訳は指示代名詞連発の直訳調で非常にわかりにくく、損をしている印象が強い

No.330 5点 放浪探偵と七つの殺人- 歌野晶午 2017/05/28 14:04
オーソドックスでフェアなパズラーを志向する作風には好感が持てる。
作品間の毀誉褒貶が激しく、一部の不出来な作品も考慮すると、全体としてはこの評価

No.329 4点 ミステリ・オペラ- 山田正紀 2017/05/17 17:12
綿密な取材に裏付けられた壮大な舞台設定とディテール、冒頭から示される不可能興味に溢れる謎の数々、高い筆力を窺わせる流麗な文章には一目を置く。
しかし、密室状態での銃殺・轢殺、20分間の空中浮遊、消えた車輛等の数々の謎について、その真相とトリックがことごとく、極めて、凡庸かつ陳腐である点で、本格ミステリとしては評価に値しない。
また、そのプロットも、満州国の歴史の真相、主人公の内的パラレル・ワールド、過去と現代における数々の事件、虚構(探偵小説)と現実との関係など、各方面に発散するだけで収斂させられていない。
ミステリ的趣向・衒学・オマージュを手当たり次第にゴッタ煮にしてみたものの、1個の料理にはならなかったという印象で、華麗なる失敗作と言えよう

No.328 6点 Zの悲劇- エラリイ・クイーン 2017/05/07 09:34
真相解明に至るプロセスにおいては、その根幹を成す利き手・利き足の根拠の薄弱さが大きな弱点。
その他、冤罪事件を生んだ当局による杜撰な捜査、魅力に乏しい容疑者の人物造形、レーンが犯人候補を3人に限定した後の不可解なまでに迂遠な捜査など、プロットの綻び・不味さが散見。
以上、本格ミステリとしての骨格は堅牢であるものの、随所に減点材料が見受けられ、この評価

No.327 4点 生者と死者 酩探偵ヨギ ガンジーの透視術- 泡坂妻夫 2017/05/07 09:26
前作「しあわせの書」も、ミステリとしては平凡な作品であったが、その前作にも遠く及んでいない。
まず短編小説は、小説としての成立性の点で大いに疑問。
そのうえで長編小説は、当該短編小説を消しに行く創作意図から、その仕掛けがある程度察せてしまううえ、各所で無理を強いられている印象が強い。
本の特殊な装丁が、サプライズを大きく減じ、読者の心理的なハードルを高めている点もマイナスに作用。
以上、本作の奇想と意欲は買うものの、それが1個の読物に昇華できておらず、華麗なる失敗作と言わざるを得ない

No.326 3点 垂里冴子のお見合いと推理- 山口雅也 2017/05/07 09:21
ライトノベルタッチのキャラクター小説という執筆意図や立ち位置から評価すべき作品であろう。
本格ミステリとしては、探偵の推理があまりにも直観的で論理性を欠く点から、厳しい評価にならざるを得ない

No.325 6点 ナイルに死す- アガサ・クリスティー 2017/04/28 17:21
第一の犯行までに、やたら紙幅が割かれ、一見冗長に見えるものの、至るところに伏線とミスディレクションが仕掛けられており、ボリュームは多いものの無駄のない構成。
ただし、作者の作品の常として真相解明プロセスはロジカルではなく、または説明が尽くされておらず、飛躍を感じさせる印象が強い。
トリックも一定の堅牢さを備えているものの、結果として明かされる真相には意外性が乏しい

No.324 7点 甲賀忍法帖- 山田風太郎 2017/04/28 17:19
まずもって、伊賀・甲賀の忍者の里を舞台に、手に汗握るバトルロワイヤルを通じて、「ロミオとジュリエット」を描き出すというプロット自体が、余人の追随を許さない、常人離れした奇想と言えよう。
そのうえで、それぞれの忍法が非科学的・非現実的なまでに強力である一方、必ず致命的な弱点が存在することで、その勝敗が単なる戦闘能力の高低ではなく、対戦相手との相性に大きく左右されるというバランスが絶妙。
これにより、単なる力勝負にはない面白さとサスペンスを演出することに成功している。
淡々とした筆致にも作者の高い力量と余裕を感じさせ、一読の価値のある佳作

No.323 7点 ユダの窓- カーター・ディクスン 2017/04/21 21:54
ビジュアル映えするものの、小粒でフィージビリティに難のあるトリックを「ユダの窓」というキャッチーなネーミングで演出したアイデア、犯人たり得る人物が限定されたなかで、サプライズを演出した人物造形・ストーリーテリングを評価

1 2 3 ... 12