micさんの登録情報
平均点:5.92点 採点数:12件

TOPプロフィール高評価と近い人書評を見る

採点傾向好きな作家

No.12 5点 皮膚の下の頭蓋骨- P・D・ジェイムズ 2014/03/22 11:37
過剰な状況説明・心理描写が多く感じられた。そのため読むの
がなかなか進まず、少々くたびれてしまった。あの事件設定で
あの長さは長過ぎるなあ。文学性が高いといえばそれまでだが。
題はかなり魅力があったが、内容はそれほどでもなく、それに
前回のコーデリア登場作品読んでいるのが前提のような書き方
で、読んでなかった当方はピンと来ない箇所がいたる所にあっ
た。

No.11 9点 黄金の褒賞- アンドリュウ・ガーヴ 2013/10/20 13:52
 前半はリアリテイのある善人ぶった悪党の粘着質な振る舞いが大いに面白かった。このまま終盤に向かって主人公がどのように苦悩から解放されるのか、或いはもっとひどくなるのか、大いに興味があったが、作者の考えは当方の思考のずっと上を行くものだったようで、久しぶりに読了後いい意味で愕然とした。ガーヴ恐るべし。

No.10 3点 襲名犯- 竹吉優輔 2013/09/08 13:29
 現実味に欠けるというのが読後の印象。欠けても小説として面白ければ文句はないのだが、そうではなかった。犯人の動機にいかんせん説得力がないし、大量殺人もしらけ気味。その方法も読んでいて至極後味が悪くグロテスク。作者が司書だけあって図書館の描写は堂に入っていたが、こちらも職業説明書を読むつもりではないので、いささか過剰に感じた。底の浅い青春感傷物語といったところか。    

No.9 6点 暗殺者グレイマン- マーク・グリーニー 2013/08/05 17:02
行く先々で負傷してその治療に当たる描写が生々しく、緊迫感が
あった。もうこれで万事休すかと思わせ、意表を突いて逃げるのは
テレビドラマ逃亡者のキンブル博士やゴルゴ13を思い出させた。
ちょっと主人公がスーパーマン的なのと、暗殺者チームが多過ぎたのが玉に傷。

No.8 4点 シャッター・アイランド- デニス・ルヘイン 2013/07/27 08:20
当方の読解力が劣るのか、どこが良いのかよく判らない作品だった。最後の方は頭がこんがらがり、読んでいてちんぷんかんぷん。

No.7 10点 そして誰もいなくなった- アガサ・クリスティー 2013/07/25 18:50
もう10回近く再読しているが、初読の時の驚愕は今でも覚えている。不可能を可能にするというのはこういうのを指すのだろう。
作者に完全に手玉に取られた。

No.6 3点 アルキメデスは手を汚さない- 小峰元 2013/05/01 19:48
いくらなんでも高校生が親が作ったお弁当を学内でせりに出すなど
昔も今も現実には有り得ないだろ。自分の高校でもいなかったよ。
この時点で読む気力が萎えてしまった。悪漢高校生の描き方が失敗
だと感じた。推理的な魅力も薄いし。

No.5 6点 骨折- ディック・フランシス 2012/12/31 11:06
ストーリー的にはかなり面白かったが、実際にこういうことが
起こるかというと、やはり進行以前に警察に相談するだろうなあ。
黒幕である父親も、なにか漠然としていて現実味が足りない。
それに加えて18歳の息子もその喋り方がロボットみたいで不自然
だった。だが結末の展開は読み応えがあった。

No.4 8点 拮抗- ディック・フランシス 2012/10/18 15:25
徹底的に人生を虐げられた男が不屈の精神で窮地を脱しようと
する姿が好ましい。興奮もそうだったが、遥か離れたオースト
ラリアが英連邦なのでうまく物語に取り入れられている。さすが
この辺は大英帝国。複雑な家庭物語だと思うが、意外な真相には
うーん、こうだったのかと驚かされた。あと、個人のブックメーカーという職業は退職金もボーナスもなくて大変そうだね。

No.3 6点 仮面法廷- 和久峻三 2012/10/06 07:46
読了してこの題名に隠された意味に大いに唸った。全くうまい題名を考えたものだ。あと、読む前はガチガチの法廷物だと思ってなかなか食指が動かなかったが、そうでもなく、楽しめた。

No.2 5点 ジェゼベルの死- クリスチアナ・ブランド 2012/05/04 13:35
作者の書き方に癖があってすらすらとは読めなかった。アイデア的には面白いのだが、現実にはこんなにうまく物語は運ばないだろう。第一の殺人の事実解明もうまく説明できてるとは言い難い。それに、アレが帽子と同じ重さなのかなあ?

No.1 6点 死人はスキーをしない- パトリシア・モイーズ 2012/03/02 09:44
ヘンリ・エミリの夫婦が謎解きに挑む。これに各家族の憎愛
がからみ、風光明媚なイタリアのスキーリゾート地が目に浮
かぶよう。プロットもよく練ってある。