ミステリーオタクさんの登録情報
平均点:7.31点 採点数:55件

TOPプロフィール高評価と近い人書評を見る

採点傾向好きな作家

1 2
No.55 9点 過ぎ行く風はみどり色- 倉知淳 2017/11/13 08:52
まぁ固いこと言わずに肩肘張らずに読めば、適度なミステリアスとグリーニッシュな読後感を味わえる楽しい読み物でしょう。

No.54 8点 生存者、一名- 歌野晶午 2017/09/30 10:03
文字どおり絶海の孤島でのサバイバル物だが、この短さと読みやすさで、このスリルを味わえれば、ほぼ満足。
オチも独創的。

No.53 9点 わが一高時代の犯罪- 高木彬光 2017/08/21 13:04
亡き祖父から旧制高校の話はよく聞かされたが、そのエッセンスと時代背景に各種寮歌が彩りを添える不可思議ミステリーの表題作は素晴らしい。
他の作品も昭和中期のレトロなミステリアスに包まれた佳作集。

No.52 9点 ナイルに死す- アガサ・クリスティー 2017/07/30 09:53
エジプトの旅情ロマンに溢れたゴージャスミステリー。
犯罪の構成や人間性に基づいた推理の妙が素晴らしい。

No.51 8点 遠海事件- 詠坂雄二 2017/07/08 14:10
いいね、いいね。
この破天荒さと読み止まらないリーダビリティの高さと意外性。

No.50 6点 電氣人閒の虞- 詠坂雄二 2017/07/08 14:09
どう解決するのかと思ったら、結局何でもありじゃん。まぁそれなりの技巧は認めるけど。

No.49 7点 海底二万里- ジュール・ヴェルヌ 2017/07/04 15:21
実に夢とロマンに溢れた古典的名作ですよね。

先日家族でTDSに行き、久し振りに「海底2万マイル」に乗りました。前回は子供たちが小さかったこともあり、薄暗い海底を何となくモヨモヨ進むだけという印象だったけど、今回ジックリ見聞きしたら、実はよくできているなぁと感心しました。

No.48 9点 容疑者Xの献身- 東野圭吾 2017/06/28 17:05
惜しくもMWA受賞を逃した逸品。
やはり現時点までの作者の最高傑作との呼び声も高い。
ミステリー小説としては非常に稀有だが映画化作品も十分満足できた。

No.47 7点 神様ゲーム- 麻耶雄嵩 2017/06/20 21:28
いやぁ、エグいねぇ。
確かに子供に読ませる代物ではない。
でも最近、子供向けでも結構ショッキングな本もあるんだよね。
先日息子が小学校の図書館で借りてきた「ぼくがラーメンたべてるとき」なんてウッソ!って感じだったもんね。

No.46 7点 弥勒の掌- 我孫子武丸 2017/06/14 15:53
いや~、よかったと思いますよ。
何よりリーダビリティが高い。そしてあの意外性・・個人的には「殺戮」に次ぐ傑作だと思う。

No.45 8点 ポーカー・レッスン- ジェフリー・ディーヴァー 2017/06/11 16:40
ディーヴァーの第2短編集。

本書を読む前にアマゾンを始めとした各種レビューを決して読んではならない。「お楽しみ」が激減します。幸いココではネタバレされている方は一人もいません。流石。(ただ第1短編集の書評では少しネタバレがあるのが残念)

印象に残った作品にいくつか触れると・・

「ウェストファーレンの指輪」:ミステリーとしては特筆する程のものでもないが、恐るべきネタが仕組まれている・・そして笑える。
「生まれついての悪人」:これはヤラレた。でもズルがなかったかな?・・ギリギリセーフか。
「動機」:よくできてはいるが、動機の動機が分からん。
「一事不再理」:ディーヴァーらしい皮肉が効いたツイステド・リーガルサスペンス。
「ロカールの原理」:ライム物。これもなかなかのデキだが、さほど驚けず。殆ど二番煎じ。
「のぞき」:捻りのための捻り、というか技巧に走り過ぎている感のある本書の後半の作品群の中では例外的に小気味よくヤラレた作品。
「ポーカー・レッスン」:邦題表題作に相応しいトリッキーな作品。O・ヘンリより先に書かれていたらかなりの傑作だっただろう。(でもそれはあり得ないw)
「遊びに行くには最高の街」:表題作同様"仕掛け"が冴えている。

まぁ前短編集の「三角関係」のような脳内変転を食らったのは「ウェスト」と「生まれ」の二編かな。
次の短編集が待ち遠しい。

No.44 7点 クリスマス・プディングの冒険- アガサ・クリスティー 2016/12/24 16:44
傑出した作品はないが全編そこそこ楽しめる
特に表題作は面白い


皆さんに素敵なクリスマスが訪れますように


No.43 9点 時計館の殺人- 綾辻行人 2016/12/17 14:57
これは凄いね
十角館の四次元版か

No.42 3点 ルーフォック・オルメスの冒険- カミ 2016/12/17 14:50
読みやすいけど退屈

No.41 10点 首無の如き祟るもの- 三津田信三 2016/12/14 16:35
凄すぎ
俺的には獄門島以上
日本ミステリーの最高傑作とも思える

No.40 2点 悪魔に食われろ青尾蝿- ジョン・フランクリン・バーディン 2016/11/19 15:44
つまらん
暇潰しにもならん

No.39 9点 クリムゾンの迷宮- 貴志祐介 2016/09/03 07:09
う~ん、これは面白かった
やはり一番大切なのは
(少しネタバレ)




情報なんだね

No.38 4点 リプリー(太陽がいっぱい)- パトリシア・ハイスミス 2016/08/19 18:43
映画はまぁまぁだが、原作は凡作

No.37 5点 殺人混成曲- マリオン・マナリング 2016/07/13 16:25
暇潰しとしては、まあまあ

No.36 9点 殺戮にいたる病- 我孫子武丸 2016/03/23 17:24
こいつぁぶったまげた
ミステリーなんて所詮ヒマツブシにすぎないが、極稀に出会える衝撃を喰らったとき、何の役にも立たないミステリーの読者でいてよかったなぁと思う
殺イタはそんな一冊

No.35 9点 十角館の殺人- 綾辻行人 2016/02/17 17:01
これは今でも及点
あの一言の急転でうちも休店

No.34 7点 ブラウン神父の醜聞- G.K.チェスタトン 2016/01/04 12:17
あけおめ、ことよろ

本書の中では、やはり古書の呪いが一番インパクトがあった

No.33 6点 嘘つきパズル- 黒田研二 2015/12/29 10:16
何を隠そう、俺はこの作品の真相を途中でほぼ完璧に見破った

嘘です
ネット上なので見栄を張ってしまいました(苦笑)

皆さん、よいお年を

No.32 7点 ポアロのクリスマス- アガサ・クリスティー 2015/12/23 11:42
クリスティらしくてなかなかよかった  
「血」の濃厚なドロドロ性、ポアロの人間観察の慧眼、意外な犯人


皆さんに素敵なクリスマスが訪れますように

No.31 8点 インシテミル- 米澤穂信 2015/12/19 10:46
下の方の「子供や阿呆に人気の」に笑ってしまったぜ
俺は阿呆だから途中ドキドキもしたし大いに楽しめたぜ(苦笑)

No.30 7点 世界短編傑作集5- アンソロジー(国内編集者) 2015/12/18 14:33
俺も一番印象に残ったのは爪かな
何とも奇妙な味の話だったぜ
カーやFブラウンの短編もなかなかよかったぜ
十五人の殺人者やクリスマスに帰るもな(苦笑)

No.29 5点 11の物語- パトリシア・ハイスミス 2015/12/11 23:15
まあ、ひまつぶしにはいいかな(苦笑)

No.28 10点 人形はなぜ殺される- 高木彬光 2015/12/09 13:09
ミステリーなんて所詮ヒマツブシに過ぎない
そんな中でごくタマに味わえるシビレと出会えたとき、何の役にも立たないミステリー読者でいてよかったなぁと思う
ニンコロはそんな数少ない一冊(苦笑)

No.27 8点 安達ヶ原の鬼密室- 歌野晶午 2015/12/02 22:26
俺的には歌野の最高傑作
表題作はゾクゾク感もよかったし、これだけで長編にしたらシマソウのトップクラスの作品に匹敵したかもだぜ(苦笑)

No.26 7点 ブラウン神父の秘密- G.K.チェスタトン 2015/11/25 16:03
傑出した作品はねえかもしれねえが、ブラウン神父らしい話が満載だったような気がするぜ
プロローグとエピローグも雰囲気があってよかったぜ 

そうそう、大法律家の鏡での神父の反論根拠には爆笑したぜ

1 2