ロマンさんの登録情報
平均点:8.08点 採点数:177件

TOPプロフィール高評価と近い人書評を見る

採点傾向好きな作家

1 2 3 ... 6
No.177 7点 僧正殺人事件- ヴァン・ダイン 2015/10/29 20:03
展開、キャラクター描写は現在でも色あせることなく、むしろ後世の作品に影響を与えるだけあって一級品。犯人を推定する証拠が不十分ではあるが、科学的捜査が確立していない時のプロファイリングを主としての推理物と考えれば興味深く読める。後半での犯人とのやり取りとどんでん返しにはまんまと踊らされてしまった。

No.176 9点 ななつのこ- 加納朋子 2015/10/29 19:58
読み心地の良い小説だった。文章はラフだがとても丁寧で、描写も細かくてイメージしやすい。人物がどれも温かくて読みながら柔らかい気持ちになった。日常のちょっとした不思議を文通のやりとりで解き明かしていく安楽椅子探偵ものになるが、語り手の駒子が愛嬌があって親しみやすい。探偵役の「佐伯綾乃さん」の品の良い手紙は読んでいて気持ちが良い。人が死なない、悪意や憎悪ばかりがミステリーではない、良質な小説であった。

No.175 7点 記憶の果て- 浦賀和宏 2015/10/29 19:55
実際に存在した「裕子」は十八年前すでに自殺していると告げる母。父は自殺した娘の生まれ変わりとして、コンピュータにプログラムしたのではないか?脳科学を扱う父の研究所や、彼女の本当の母親の元を訪ね回る。錯綜する人間関係が暴かれる衝撃的結末は、凡百のミステリの常識を破壊する。

No.174 7点 白い家の殺人- 歌野晶午 2015/10/29 19:11
市之瀬徹は山奥の別荘に臨時の家庭教師として、やって来ていた。そこで担当の少女が密室の中、逆さ釣りの死体で発見される。警察の介入を断固として拒む一族に依頼され、探偵として譲二が呼ばれる事に。メイントリックの有無だけではなく、如何に読者を欺こうかと考える歌野氏の意図は強く感じます。トリックは分かりやすく犯人の予想も付きやすいが、構成自体に仕掛けがあり油断は出来ない作品だった。

No.173 7点 Zの悲劇- エラリイ・クイーン 2015/10/29 19:05
前二作とは違い、近い将来刑に服する事を定められた人物の無実を証明すると同時に、真犯人を割り出すという、のっぴきならない展開。そんな中でもサムの娘であるペイシェンスは鋭い推理力を発揮しながらも、おなじみのドルリー・レーンに力を借りる訳だが、前二作とは違った味わいがあり、ドラマ性が強くなっていることも見逃せない。個人的にはレーン氏の活躍ぶりがあまり見られなかった事がやや残念。

No.172 8点 ナイン・テイラーズ- ドロシー・L・セイヤーズ 2015/10/29 18:58
鳴鐘術という馴染みのない題材はイメージしにくいし、ペダンティズムも明らかに過剰。しかし、そういった全てのマイナス要素はこの物語を成立させるための必要物。顔を潰し手を切って身元を消された死体の謎と、かつての宝石盗難事件、そして暗号解読という探偵小説としての愉悦に満ち、生き生きとした登場人物描写も楽しい。終章でノアの箱舟が如く村が水没する事はイコール探偵小説だったはずの世界の崩壊である。“犯人”の正体が明らかになる事で自分が今まで読んでいたものが何だったのか分からなくなる感覚を味わう。

No.171 9点 奇想、天を動かす- 島田荘司 2015/10/29 18:55
踊るピエロ、死体の消失、動く死体、白い巨人とどうやって収拾つけるんだという奇妙な謎のオンパレード。やっぱ島田作品はこうでないと。最後には多少力技もあるけど謎は綺麗に解き明かされる。「斜め屋敷の犯罪」「死者が飲む水」の牛越刑事、「火刑都市」の中村刑事もサポート役として登場するので、過去の島田作品を読んでる人には嬉しい内容となっている。作品のテーマとして戦後の日本が抱える様々な問題提起にもなっており、考えさせられる作品。本格と社会派が見事に融合した傑作。

No.170 8点 火刑法廷- ジョン・ディクスン・カー 2015/10/29 18:52
壁の中へ消えた女、棺から失せた死体、そして妻と瓜二つの毒殺魔…。怪奇めいた雰囲気たっぷりの中、鮮やかにトリックが解決されて真相が明らかに…と、ここまでだけでも、カーの本領発揮といった内容なのに、更に捻られたラストが用意されており、流石という感じ。エピローグは推理小説の観念を覆すものではあるが、全体的に漂う怪奇さが、そういうオチも有りだなと思わせる。でも一番驚いたのは解決篇に当たるⅣ章の最後。まさかあの人が!劇的すぎる!シリーズものの探偵は登場しないけれど、確かにカーの作品の中でも名作に位置すると実感した。

No.169 7点 星降り山荘の殺人- 倉知淳 2015/10/29 18:49
雪に閉ざされた山荘で起こる殺人事件。ミステリでは使い回された舞台だけどやはり心躍る内容。名探偵は常人離れしているという思い込みが自分の中にはあったので、結末にてしてやられた感が強かった。作者の説明に裏があるなと警戒していたのにミスリードされてしまった。驚くようなトリックはないものの良いミステリ小説に出会えたと思う。星園さんは憎めないキャラクターだった。「闇夜に浮かぶ星のようにミステリ小説もまた無数に存在していて、あなたに謎を解いてもらおうと読まれたがっているのです」間違っても小指一本を立ててはいけない。

No.168 8点 死の殻- ニコラス・ブレイク 2015/10/25 12:05
一癖ある登場人物たちの中でも光を放つファーガス・オブライエンのアンビバレントな存在感が、その死の謎を際立たせる。連続する事件の中で最重要容疑者も推理も二転三転する謎の転がし方の上手いストーリーテリング。14章のチェイスシーンは黄金期的結末のオマージュとしてわざとやっているな。その先に見える悲しき復讐者の姿は、推理小説でありながら推理だけの物語からの脱却を示しているよう。会話に引用を挟むペダンティズムがあからさまとも言える伏線となり、ラストに言いようのない余韻を与える。

No.167 8点 女囮捜査官 2 視覚- 山田正紀 2015/10/25 12:02
謎を解いていく過程で明らかになっていく様々な真相が、サイコキラー物の舞台に相応しい不健全さで、妙にリアルだ。ホワイダニット・ハウダニット・フーダニットの3要素が複雑に絡み合った巧緻な一品を堪能できた。

No.166 7点 爬虫類館の殺人- カーター・ディクスン 2015/10/25 11:56
タイトルや戦時下のロンドンという舞台設定からは、なにやら暗くて粘った雰囲気のものを想像してしまうが、これがじつに楽しくて愉しい作品となっている。気密性の高い密室に奇術師男女のコミカルなロマンス、さらには冒頭と終盤におけるH・Mの大活躍(?)と、たいへん盛りだくさん。また、犯人の醜悪さというか往生際の悪さも印象深く、トリックのしょんぼり感を補ってあまりあるほど、思いのほか面白く読むことができた。

No.165 8点 悪霊の館- 二階堂黎人 2015/10/25 11:53
遺産相続を巡って暗雲立ちこめる資産家の敷地内で起こる連続殺人。密室、顔のない死体、洋館、不可解な謎の数々など、魅力的な要素のオンパレードで文句なしの出来でトリックもストーリーも十分満足いくもの。解決部分は多少ごちゃごちゃした感じは受けたが、数多くの謎を上手くまとめていると感じた。

No.164 7点 アイルランドの薔薇- 石持浅海 2015/10/25 11:48
いわゆる「クローズド・サークル」ものだが、その隔離状況を作り上げるためにアイルランドという土地と社会問題を利用している。よくある「大雪で閉ざされた別荘」だの「嵐で取り残された離れ小島」だのという、もともと無理がある状況設定とは違う現実味のある隔離状態がミソの作品。その上での意外な犯人と事件の真相、探偵役となる人物(なぜか日本人)の名推理が楽しめる。

No.163 8点 愛は血を流して横たわる- エドマンド・クリスピン 2015/10/25 11:42
化学実験室からの薬品盗難、終業式の演劇に出演する女生徒の失踪に続き、教師二人が射殺されるという惨事に見舞われたカスタヴェンフォード校。さらに翌日には、村はずれの田舎家で第三の殺人が起き……。第三の殺人が明るみに出た段階で、犯人の主要な動機が判明し、無関係に見えたそれまでの事件との関連も明らかになってくる。しかし、鉄壁のアリバイが捜査陣の前に立ちふさがることに。盲点を突くアリバイトリックはなかなか巧妙。ただ、それを解明するには、やや特殊な知識が必要になる。カーチェイスシーンでのギャグの天丼には降参だ。

No.162 7点 fの魔弾- 柄刀一 2015/10/25 11:40
現在パートと過去の捜査パートが交互に展開されストーリーが進んでいく。現在パートは探偵役の危機と、そこでの悪戦苦闘に緊張感がありとても引き込まれたが、捜査パートは性質上仕方ないとはいえ少々退屈に感じてしまった。 しかし、いざ解決篇に突入すると今までに提示されたものが見事に収束していき、特に序盤で描写されたある事柄が掛かってくる部分は、自分には絶対に出てこないような発想だったため、ちょっと感動。細部にもこだわり、とても丁寧に作られた誠実なミステリという印象の良い作品。

No.161 6点 スウェーデン館の謎- 有栖川有栖 2015/10/25 11:38
読み終えて感心したのは著者の話作りの上手さ。事件の規模は決して大きくはない が、調査の途中で立ち止まって仮説を立てたり、犯人の動機を読者にあれこれと考える間を与えたりして、話をうまく膨らませている印象を受けた。火村の推理は、一見他に可能性がありそうな危ない橋のように見えるのに、他にめぼしい推理が見つからないのがなんだか悔しい。ただ、犯人の行動のリスクが高さとが気になるところ。

No.160 8点 隅の老人の事件簿- バロネス・オルツィ 2015/10/24 23:40
老人がカフェの片隅の席で記者一人に自分の推理をとつとつと語る安楽椅子探偵の先駆け的な作品。物的証拠ではなく検死審問でのやり取りなどから得られた情報のみで組み立てられる論理は秀逸。事件の様相もバラエティに富んでおり飽きの来ない作品。特に最終話の印象が読後にまで強く残る作品。

No.159 7点 体育館の殺人- 青崎有吾 2015/10/24 23:36
「使い古されたもの」というのは、それがあまりに優れているがゆえに繰り返し擦り切れるまで使われていく運命にあるのだと思う。ロジックへの執拗なまでのこだわりは、クイーンの時代から変わらずミステリファンを魅了し続けている。体育館を舞台に起こる密室殺人の謎が、やはり歴史を彩る数々の名探偵と同じく変人ぶりを発揮する天才少年によって鮮やかに紐解かれていく様は、とても美しく興奮させられた。キャラクター描写や軽やかな筆致も心地よく、今後の展開にも期待が高まる。

No.158 7点 硝子のハンマー- 貴志祐介 2015/10/24 23:32
高層ビル内で起きた密室殺人に挑む青砥と榎本の活躍を描いた本格推理小説。この手の密室殺人は「そんな馬鹿な」という感情が先に来てしまいあまり楽しめず終わる事が多いのでそこまで期待せず手に取った作品だったが、人物の描写が魅力的でトリックを証明する方法もじりじりと一つずつ可能性を検証していく形なのでその過程も含めて非常に楽しめた。防犯に関して知識のある探偵役がここまで頼りになるとは…。それにしても「硝子のハンマーは砕けてしまった後が一番危険なんですよ」は名言である。

No.157 8点 女囮捜査官 1 触覚- 山田正紀 2015/10/24 23:23
開幕の第1巻。お題は痴漢、通り魔、そして“見えない人”。続巻に比べるとおとなしめだが、連続通り魔事件を「囮捜査」という飛び道具的な捜査方法と巧く絡め、尚且つ二転三転するフーダニットとして演出している点は流石。何より、横溢するサスペンスが素晴らしい。一部、登場人物や警察組織の描き方が紋切型だが、まあ看過できるレベル。ただし、犯人像はその定型にちょっとしたエッセンスを加えることで読者に印象付けており、そこら辺のさじ加減がまた巧い。

No.156 8点 悪女パズル- パトリック・クェンティン 2015/10/24 23:21
大富豪ロレーヌの邸宅に招待されたダルース夫妻、しかし離婚危機の3組、婚約者、異父兄、その恋人など曰くありげな人たちも集い険悪な雰囲気立ち込める中一人また一人と死者が、ピーターとアイリスは素人探偵として推理をするがさらに犠牲者が……第四弾、登場人物が多く最初は混乱したものの、章ごとに出る被害者の構成、徐々にパズルのピースが嵌るように明らかになる真相と真犯人、伏線もキチンと回収、ラストはいつものテイストで良かった。

No.155 8点 ナイルに死す- アガサ・クリスティー 2015/10/24 23:18
徹頭徹尾読み手を飽きさせないリーダビリティの良さ、シンプルでありながらも細やかな登場人物たちの人物描写、無数の伏線と手掛かりが散りばめられたストーリー展開、納得の動機、アッと驚かされる真犯人と結末、愛あるポアロの名推理、どれを取っても素晴らしいとしか形容できない。ポアロの灰色の脳細胞と洞察力が登場人物たちそれぞれの胸に秘められた欲や愛情を見抜き、真相へと収束していく様は緻密で美しく圧巻。手の込んだトリックの作品も確かに面白いのだが、自分が本当に好きなのはこういったミステリなのだと改めて実感できた傑作。

No.154 8点 ケンネル殺人事件- ヴァン・ダイン 2015/10/24 23:15
今度の薀蓄は中国美術とスコッチテリア。意外性の連続により、解析不能となった事件が、ほんの小さな亀裂から解決されていく。変数が多いほど、その連立方程式は解きづらくなるが、これほど変数が多いのも珍しい。というより、常人には完全な解決は不可能な物語。少なくとも犯罪に対する知識を多種多様持ち合わせている人間が、下手な鉄砲方式で打ち続けて、やっと解答に到達する、そんな途方も無いミステリだ。ただ、テリアから犯人を特定する方法は(それが殺人犯の特定とは言えないけれども)実に論理的。

No.153 7点 陽気な容疑者たち- 天藤真 2015/10/24 23:12
山奥の旧家を舞台に社長急死事件に遭遇した主人公の計理事務所事務員。社長と対立していた従業員たち、社長に複雑な感情を抱く身内たち。自然死か?他殺か?いずれの可能性もある推理小説。とにかく自然死なのか他殺なのかが終盤までわからない。最後の結末は少々意外だった。まさかあの人が関わっていたとは!物事の答えは1つではないこと。常識にとらわれ過ぎてはいけないことを実感した小説だった。

No.152 9点 99%の誘拐- 岡嶋二人 2015/10/24 23:10
時効となった誘拐事件、逃げ切った犯人と解決できなかった警察への意趣返し。無謀だし無意味にも思えるが、そうせざるを得なかった犯人の心境を思うと哀しい。 事件の根底にあるのは、家族のために苦渋の決断をした男の悔しさで、彼に対して1人は罪の意識を抱いて生き続け、もう1人はその無念を晴らすために孤独な戦いを挑んだ。 2つの犯罪の犯人に寄り添っているが、逃げ切ったことへの喜びよりも過去への苦い思いの方が強いようにみえる。 時代背景やITの描写にはさすがに時の流れを感じるけれど、事件そのものは今読んでも面白い。

No.151 7点 ビロードの爪- E・S・ガードナー 2015/10/24 23:07
ペリイ・メイスンのシリーズ一作目。ロスに事務所を置き、美人秘書のデラ・ストリートと共に依頼人のためなら、違法すれすれの手段をとってでも闘う行動派弁護士。このシリーズの特徴に、人間的に好きになれないタイプの依頼人が多く、周りの人達は有罪を決めつけている中で、ひたすら論理的に無罪を勝ち取って行く。そう言う意味で、今回の依頼人は最初にして最高に嫌な依頼人だ。ビロードの爪とは、美しい人妻の見た目と攻撃手段を隠し持っている処から想像がつくと思う。シリーズを通してのメイスンの弁護姿勢が、分かる作品。

No.150 8点 曲った蝶番- ジョン・ディクスン・カー 2015/10/24 23:05
二人のファンリー、動き出す人形、魔術への傾倒、先行して起こった殺人、屋根裏の秘書、自殺と判断するのが妥当な状況での殺人事件。そのどれもが狂言的な雰囲気を創りだし、氷山にかかる晴嵐の如く真実を覆い隠す。真相は聞いてしまえば不思議すらも覚えないものでありながら、不可能犯罪とホラー的雰囲気を作り出すカーのストーリィテリングは流石。曲がった蝶番とは。動機は。犯人は。フェル博士の真意は。その全ての謎に対して斜め45度前方への飛躍が必要である今作は、何も分からずとも読ませてしまう文章の上手なカーだからこその作品。

No.149 8点 人格転移の殺人- 西澤保彦 2015/10/24 23:03
人格が入れ替わるという複雑なSF設定ながらも思っていたよりも登場人物達が描き分けられているので読みやすかった。とはいえ、事件が起きてからの展開は素早く、マスカレードという人格の入れ替えが頻繁に起こるのでやはり複雑ではあるけれど。その後に登場人物が推理を繰り広げるのは西澤保彦らしい。そして、最後の最後に明らかになる設定を巧く活かした真相は秀逸。ある程度予想できる部分もあるが、それらを成立させるための構成や伏線が「七回死んだ男」と同様に素晴らしい。動機の歪みも西澤保彦らしく、結末についても絶妙。傑作。

No.148 8点 不連続殺人事件- 坂口安吾 2015/10/22 21:30
開始数ページで10人以上の人物が登場し、その人間関係が紹介され、しかも、全てが事件関係者になり、追うだけで精一杯の状態で、殺人事件が連続して9件も起きるという始末。警察が登場して、容疑者も拡大して、30人近くの人間が名を挙げるに至っては混乱必至。しかし、皮肉なことに事件によって人が減り、対象が絞られることで、明確で論理的なミステリに収束していく結構は実に見事。金持ちと文士達の淫乱極まる男女関係をベースに、一種軽薄とも言える独特な文体、ロジカルな真相と、懐かしき探偵小説の趣にして、ミステリとしても良作。

1 2 3 ... 6