風桜青紫さんの登録情報
平均点:5.62点 採点数:290件

TOPプロフィール高評価と近い人書評を見る

採点傾向好きな作家

1 2 3 ... 10
No.290 9点 犯罪- フェルディナント・フォン・シーラッハ 2016/11/22 02:52
淡白ながらゾッとさせられる筆致。短いながら強烈なインパクトを残すストーリーの数々。これぞ「奇妙な味」でしょう。「フェーナー氏」と「タナタ氏」で一気に持っていかれました。こんな結末でいいのか?というような話が続いた後の「エチオピアの男」もグッときます。と、いうことで8点。しかしもう少しこの作者が日本で読まれるようになってもいい気もするので、おまけで9点。

No.289 10点 甲賀忍法帖- 山田風太郎 2016/11/22 02:47
最高に面白い。ミステリの範疇に入るかどうかはともかくとして、エンタメの全てがつまった一品です。というわけで10点。

No.288 6点 ノッキンオン・ロックドドア- 青崎有吾 2016/08/26 00:56
さすがは青崎、といったところか。想像以上に完成度の高いパズラーだった。伏線の巧妙さ、真相のカタルシス。個人的な趣味から採点は6点にとどまるが、本格ミステリ好きや青崎ファンは目を通して損はない作品だろう。

とりあえず、私は、表題作の「ノッキンオン・ロックドドア」のインパクトにすべて持っていかれた。ご都合主義のバカミスも、ここまでくれば立派な芸術作品である。

いくつかの作品には重大なミスがあるそうだが、放射線状に並べられたダイヤルの数字が、どうすれば「逆さまになっていたらダイヤルの数字もさかさまになってしまう」のか私にはさっぱりわからないので、まあ、素人は気にしなくても大丈夫だろう。

水につけても指紋が消えないなんてことは名探偵コナンでも描かれている程度にミステリ界の常識なのだが、それをミステリ作家が知らないのだと思ってしまう発想力が心配だ。

No.287 5点 倒叙の四季- 深水黎一郎 2016/08/21 19:25
なんか面白かった。キャラはワンパターンだし、犯人の追い詰められた心理もあまり描かれないので、緊迫感は薄いんだが、伏線がかちかちハマっていく有り様が楽しい。うざったいキャラの葛藤みたいなのもいっさいないし、気軽に読めた。あと、お団子がおいしそう。

No.286 5点 邪悪の家- アガサ・クリスティー 2016/08/05 11:17
普通の作品である。クリスティーに慣れていれば、犯人も読んでいる途中にわかるだろう。とはいえミスリードをしかける課程は十分楽しめたので5点。これがクリスティーの作品としらなければ、6点ぐらいはつけていたかもしれない。

No.285 6点 二壜の調味料- ロード・ダンセイニ 2016/08/05 11:07
さすがに内容は手垢のついてものばかりになってしまったが、作品世界が生み出す、この殺伐とした雰囲気は、近年の作品ではお目にかかることができないものだろう。「ナムヌモ」の文字にどことない嫌悪感を覚えるのは、それが「理不尽な死」を、肌で感じさせる材料だからなのかもしれない。

No.284 6点 誰の死体?- ドロシー・L・セイヤーズ 2016/08/05 11:02
気に入っている作品だが、興味深い導入部にくらべて、トリックは大したものではなく、このサイトでは高評価は得られないだろう。セイヤーズは、クリスティーのライバルではあっても、クリスティーの亜流ではない。傲慢ちきな貴族だが、どことなく共感できるような弱さももっているピーター・ウィムジイ。それを支える使用人と親族。そのようなキャラクターのありさまを魅力的に描いたキャラ小説として読むのがよいのである。

No.283 9点 あなたに似た人- ロアルド・ダール 2016/08/05 10:53
驚異的な短編集だった。カタルシスではなくフランストレーションを面白味にした作品集として、ここまでのものはないだろう。正統派の謎解きものとして読むと肩透かしをくらうかもしれないが、人間の衝動の高ぶりを鋭くとらえたストーリー進行と、その行き先が唐突に消え去ってしまうラストシーンは、心になんともいえない痛快さを与える。すでに多くの採点者のかたが指摘されているように、「味」と「おとなしい凶器」と「南から来た男」がこれをもっともわかりやすく体現している。合う合わないはあるかもしれないが、ロアルド・ダールの妖しい世界に触れて損はない。(「首」と「韋駄天のフォックスリイ」も個人的に気に入っている)

No.282 5点 生者と死者 酩探偵ヨギ ガンジーの透視術- 泡坂妻夫 2016/07/18 20:32
仕掛けについては「ようこんなんできたな」とびっくりしたが、長編と短編それぞれの出来についてはもうひとつだった。『しあわせの書』は中身も面白かったんだが……。まあ、こっちは制約が厳しすぎたか。

No.281 8点 匣の中の失楽- 竹本健治 2016/07/17 15:28
面白い。以上。

No.280 8点 ウロボロスの偽書- 竹本健治 2016/07/17 15:24
夢中になって読んでしまった。楽屋裏的な空気、芸者シリーズのバカミス、殺人鬼のチープなエログロ、そして現実と虚構が入り交じる妖しい雰囲気。全体を通してみれば到底推理小説とは言えないようなへんてこなものなのに、推理小説らしい面白さで満ちあふれている。あるあるネタを逆手にとっただけのせこい作品がアンチミステリと騒がれるご時世だが、本作はそれらとは一線を画す、実にアンチミステリらしい作品である。

No.279 4点 囲碁殺人事件- 竹本健治 2016/07/17 15:01
そこそこ読めるが、長編にするほどのネタか?
牧場くんのお姉ちゃんはかわいいと思いました。

No.278 4点 まほろ市の殺人 冬- 有栖川有栖 2016/07/17 14:58
「有栖川有栖だから期待しすぎた!」なんて意見が多いようだが、有栖川有栖の短編なんて大半はこんなもんだろう。メルカトル鮎が馬鹿にしてそうな真相だが、作者特有の雰囲気が出ており、読み物としてはそこそこよかった。ところで、倉知や我孫子や麻耶を「当代を代表する一流の作家」と認識するのは少々まずいと思う。

No.277 6点 まほろ市の殺人 秋- 麻耶雄嵩 2016/07/17 14:53
推理小説としては平凡だが、クイズとしては一流の完成度だった。『容疑者X』や『満願』がベストセラーになる世の中なので「犯行の論理性」なんてもんは最初から気にしていない(そもそもそれじゃ麻耶が一冊も読めなん)。要するにラストシーンのギャグを笑えるか否かだろう。

No.276 5点 まほろ市の殺人 夏- 我孫子武丸 2016/07/17 14:42
サプライズうんぬんより、我孫子は演出が下手だなあ、と改めて感じた。この話の一番の面白味は、主人公が犯人のアリバイを作り出してしまうってところだろうに、そこらへんの後味の悪さがいまいち伝わってこない。中編という制約もあったから仕方ないのかもしれんけど……この作者はトリックメイキングに関しては天才的なのに、ストーリー作りのほうがいまいちぎこちないなあ、という印象だった。

No.275 6点 まほろ市の殺人 春- 倉知淳 2016/07/17 14:33
こんなん笑うわwwwwwwww
なんかもうめちゃくちゃだが、こういうひどすぎるバカミスは逆に好印象。我孫子麻耶狙いで『まほろ市』を読み始めたが、正直これが一番面白かった。

No.274 6点 狂骨の夢- 京極夏彦 2016/07/16 01:47
なかなかの作品だが、前二作に比べるとスケールダウンか。真相もそこまで意外性のあるものではなかった。セックスと首無し死体なんて怪奇のお膳立てとしてはベタ中のベタだし、『姑獲鳥』と『魍魎』に比べると異様さがチープ。とはいっても、シリーズらしい面白さは健在なので6点は固い。

No.273 7点 魍魎の匣- 京極夏彦 2016/07/16 01:39
ながったらしい話だが、文章や会話がいちいち面白いのでスラスラ読める。トリックについては驚いたという意見も多いようだが、(かなり異様ながら)既出のトリックの派生という印象が強かったので、『姑獲鳥』ほどの衝撃はなかった。しかし作品全体のバランスはこちらのほうが上か。島田荘司と並ぶ天才バカミス作家である。

No.272 8点 姑獲鳥の夏- 京極夏彦 2016/07/16 01:34
驚嘆した。冒頭から続く妖しげな雰囲気に飲まれ、密室の結末に息を飲む。批判的な意見も多いようだが、こんな無茶をやりとげてしまう作者の技量には舌を巻くばかり。当然の8点である。

No.271 5点 能面殺人事件- 高木彬光 2016/07/13 19:08
1985年版の『東西ミステリーベスト100』では、「失敗作」とdisられていた作品だが、読んでみるとそんなに悪くなかった。トリックひとつひとつはしょぼいものの、それらをうまく組み合わせて読者を欺こうというお膳立てがよくなされている。とはいえ、『アクロイド殺し』に挑んだというメイントリックについては大して驚きもないし、作者がやってみたかっただけだろうぐらいの感想しか抱けなかった。そういう意味ではやはり失敗作か。

No.270 4点 成吉思汗の秘密- 高木彬光 2016/07/13 19:03
クリスティ再読さんが噛み砕いて説明しておられるが、作者が思いついた説をカミーに代弁させているようにしか見えなかった。こじつけ臭さ全開の推理がでるたびに、さすおに状態になって「すごいわ神津さん!」と騒ぎまくる登場人物一同には唖然。しかしまあ、中盤には「もしや」と思わせる展開もあったし、カミーのLOVEストーリーもなんか面白かったので4点。本作の最大の功績は、『占星術殺人事件』を生み出したことだろう。

No.269 4点 呪縛の家- 高木彬光 2016/07/13 18:56
衝動的に高木彬光が読みたくなったので、目を通してみたが、もうひとつの出来だった。犯人はうまくミスリードがなされているが、驚くほど意外な人物でもないし、密室トリックについても「ああ、彬光ってこういうの好きそう」って感じで、なんだかしっくり来ない。この時代の本格ミステリを愛好する人向けだろう。

No.268 6点 刺青殺人事件- 高木彬光 2016/07/13 18:51
最近、高木彬光は自分に合ってないんじゃないかと思い始めているんだが、最初に手に取ったこの作品はなかなか楽しめた。胴体のない死体、和風密室、読者への挑戦状となかなか魅力的なモチーフで惹きつけてくれる。超天才スペックなのにどこか抜けてるカミーのキャラもいい。とまあ、アイデアは充実してるんだが、同時代の横溝正史と比べると、話の演出で一歩及ばず、といったところか。

No.267 7点 異邦の騎士- 島田荘司 2016/07/13 00:47
トリックについては、最近では珍しくもないタイプのバカミスで、『占星術』と『斜め屋敷』には遠く及ばない。現実味うんぬんで騒ぐほどのものでもないし、多く語る必要もないだろう。本作の魅力といえば、やはり御手洗潔のかっこよさに尽きる。変人で、はちゃめちゃをやらかすが、いざというときは頼りになるいい男。作者の願望つめあわせだろうが、ここまで演出してしまえばいいではないか。御手洗潔という名探偵を確立させた作品として、やはり、『占星術』と『斜め屋敷』に並ぶ資格のある作品なのだと思う。

No.266 5点 ビッグ4- アガサ・クリスティー 2016/07/13 00:40
なにやら評判の悪さばかり目立つ作品だが、読んでみると結構面白かった。高水準の作品が多いクリスティーとしては明らかな失敗作なんだが、ポアロとヘイスティングスくんの冒険物語として十分に楽しめる。「あれは日本の柔術というやつでしょう」みたいなやりとりにはなんか笑った。

No.265 6点 スタイルズ荘の怪事件- アガサ・クリスティー 2016/07/13 00:33
これが最初に読んだクリスティーだったので、中学生の私はよくできたミスリードと意外な犯人像に驚かされたんだが、再読してみると、そこまで優れた作品とは思えなかった。というのも、クリスティーには、これよりも面白い作品がいくらでもあるからだ。しかし、ポアロの初陣を印象づけた作品として、初読時とは違った形で楽しめたのも確か。シリーズを楽しむなら、やはり外せない作品だろう。

No.264 5点 暗いところで待ち合わせ- 乙一 2016/07/13 00:16
なにやら高得点だったので目を通してみた。想像以上に上手い作りになっていて驚いたが、その上手さに釣り合うほど楽しむことはできなかった。というのも、このいかにも若者が書いたようなあまっちょろいテイストが、私にはどうにも辛かったのである。善人臭さただよう盲人ってそれだけで胡散臭さを感じちゃうんだもの。乙一の実力を感じさせる作品ではあったが、氏は暗黒小説のほうがずっと面白いと思った。

No.263 7点 ウロボロスの基礎論- 竹本健治 2016/07/13 00:08
どうもあちこちで叩かれている作品なんだが、普通に面白く読めてしまった。単純にこのシリーズのテイストが好きだということもあるし、まともな解決にはならないことを覚悟していたからかもしれない。いや、うんこを巡るやりとりはくだらないけど笑うしかないでしょ。麻耶うんこ採集シーンとか。笠井潔や田中幸一、山口雅也や法月綸太郎といった面々の絡みも面白いし、660ページも苦にならなかった。とても人には勧められない作品ではあるが、読む人間によっては十分に楽しめる作品ではあることは留意してもらいたい。

No.262 7点 ジャンピング・ジェニイ- アントニイ・バークリー 2016/07/12 23:58
素直に楽しめる馬鹿話だった。ロジャー・シェリンガムのなんともいえない投げやりぶりがいい。バークリーが面白いのは、新本格での麻耶雄嵩と同じく、正当派からひねったところをどう面白がらせるかという術を心得ていたからではないかと思う。アンチ・ミステリがどうとかいう意見もあるが、そもそもこれが書かれた時分には『虚無への供物』はおろか『黒死館殺人事件』と『ドグラ・マグラ』すらなかったことを頭に入れておいてほしいものだ。

No.261 8点 煙の殺意- 泡坂妻夫 2016/07/12 23:45
泡坂妻夫の最高傑作であり、泡坂的逆説が最大限に研ぎ澄まされた一作。まあ、多くの方々が噛み砕いた感想を述べているから、改まった説明は不要だろう。とりあえず、ラストの衝撃で「紳士の園」。真相の奇妙さで「閏の花嫁」が気に入ったと言っておく。この作品に関して「時の試練を耐え抜いてない〜」などと書いている採点者もいるが、それは単に泡坂妻夫を楽しめるセンスがないというだけの話である。

1 2 3 ... 10